Lykkelig『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』に
お届けしたもの <商品編>と、
企画展WEBショップのお知らせ

 

ひきつづきmusic&zakka Lykkelig

『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』

お届けしたちいさなものたちを紹介させてください。

今日は<商品編>です

 

    

 

What a Wonderful Nyanco

リュケリのネコ雑貨展2

<商品編>

 

NEW
ツメサキの世界オリジナルスタンプ(ゴム製)

「 白 と 黒 」
● 日本製 ●

30ミリ×30ミリ

はじめて、30ミリサイズのスタンプを作ってみました

お手紙などのワンポイントにぴったりサイズです

手彫りはんこの線をそのままスタンプにしているため、

手彫りのようなでこぼこのぬくもりのある印影を楽しめます
素材の美しさがそのまま残るしっかりとしたメープルの持ち手と
お子さまでも簡単に捺していただけるゴムの印面が特徴です

スタンプは大量生産ではなく、日本の工場の職人さんに一点一点手作業で仕上げていただいています

 

仲良しの白と黒

もちろん茶色のインクで押せば茶猫と白になります

 

サイズの比較

ちらっと見えているのは50ミリ×50ミリサイズのスタンプです

 

こちらは通信販売できるので、他のスタンプと一緒に近日中にあらためて紹介させていただきますね

 

 

樹脂製 猫のメッセージはんこ

40×40弌

台木:白木を古木加工したもの

 

 

 

ツメサキの世界オリジナル手ぬぐい
「 猫 の な ま え 」

● 日本製 ●
35×90僉ー蠧萓
綿100%

絵筆で手描きした原寸大のデザインをそのまま工房にお届けし、
職人さんの手で一枚一枚丁寧に染めていただきました



手ぬぐいをひろげた全体図です
色味は少し実物と異なります
一匹一匹すべてちがう顔をしたちがう猫です

 

 

ピ ン バ ッ チ 3種
「 窓 辺 の 猫」「 空 飛 ぶ 猫 」「 月 か ら き た 猫」

本体 約20×20弌‖羯罅〔67×55





 

 

ち い さ な お 茶 缶

夜 を 駈 け る 猫

●日本製●

h 約8cm / φ 約8cm

静岡の製缶工場にお願いして作っていただいてます

もちろん、緑茶だけでなく、紅茶やコーヒー豆の保存にも・・・

ぐるりと黒猫が街を夜を駈けるデザイン

こちらはお揃いのポストカードもあります





  

 

 

 

オリジナルシール 

「 猫 の 街 」
● 日本製 ●

約15×10.5

 

 

メモ帖 「月 か ら」

12,3×9

90枚綴り 再生紙使用

 

 

 

私 の レ タ ー セ ッ ト 

「 黒 猫 ゆ う び ん 」
(paper : 10  envelope : 5  label : 5)

手彫りゴムはんこを捺して製作したレターセットです

こちらの商品は工房の在庫も残りわずかになってきました(廃盤予定)

ちょっと画像が荒くてすみません


 


「 窓 辺 の 猫 」
手刷り活版ポストカード

ぎゅっぎゅ!と力を込めて鉛筆で描いた線をそのまま活版にしてもらいました
活版の印刷は、おなじみのこまもの堂さんにお願いしました
シンプルな一枚ですが、

手刷りにもかかわらず、多色刷りという贅沢かつ手間のかかる手法で仕上げられています

 

 

オリジナル付箋
青い屋根の「おうちふせん」

本体 h約60×w約64弌‖羯 h約85×w105
30枚綴り
●日本製●

手彫りはんこの雰囲気を残したふせんをつくりたくて、
かすれなどもあえてそのまま印刷いたしました
はんこならではの風合いをお楽しみください

こちらの画像はリュケリさんよりお借りいたしました

 


活版メッセージコースター い つ も い っ し ょ
● 日本製 ●
3枚セット( φ約9 )


 

 

ツメサキの世界 オリジナルポストカード

猫たちのポストカード各種

猫のポストカード、けっこうたくさん作ってきました

こちらの画像はリュケリさんよりお借りいたしました

■ 星の棲む花

 

■ ハナトネコ

 

■ 双子座と黒猫

 

■ 猫とバラ

 

■ 黒ねこの見た夢

 

■ いつもいっしょ

 

■ 猫の集会

■ 仲良くなれるかな

■ 月からきた猫

 

    

 

長くなってしまい、すみません。

はんこ作品編><そのほかの手づくり作品編><商品編>と3回に渡って

ブログを更新しているうちに企画展の会期が残りわずかとなってしまいました。(12日までです)

 

でも金沢から遠方にお住いの猫好きの皆さんに朗報です!

『What a Wouderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』の

期間限定WEBページがオープンしました!

6月12日(火)までの期間限定となります。

あまり期間がありませんが、素敵な猫雑貨がずらりのWEBショップです。

ぜひ覗いてみてくださいね🐾

 

 

 

Lykkelig『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』に
お届けしたもの
<そのほかの手づくり作品編>

 

先日の予告どおり、6月2日からmusic&zakka Lykkeligでスタートした

『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』

お届けしたちいさなものたちを紹介させてください。

先日は<はんこ作品編>をお届けしたので、

今回は<そのほかの手づくり作品編>の紹介です

 

    

 

 

What a Wonderful Nyanco

リュケリのネコ雑貨展2

<そのほかの手づくり作品編>

 

手芸好きのあの子に   

■ ボ タ ン シ ー ト の ひ と こ と カ ー ド 猫 バ ー ジ ョ ン

以前にもレトロなボタンシートをイメージしたメッセージカードを制作していたのですが(→

今回の企画展にあわせて、猫バージョンをつくってみました

ボタンはデットストックされていたものを中心にセレクトしています   

下の余白に一言添えてお使いいただいたあとは、

メッセージを受け取った方に ボタンをはずして実際に手芸にお役立ていただけるのが本望です

ボタンは色やカタチのバランスを考えて、配置しています(2個〜3個)

なので、1つとしておなじものがない世界に1枚きりのカードです!

 

水彩絵の具とインクで描きました

白いシフォンのリボンをつけて、飾れるように仕立ててみました

たくさん飾ったらお店やさんみたいになるかも!

 

 

 

窓辺を飾るサンキャッチャーのような

■ 黒 猫 の オ ー ナ メ ン ト

ガラスドームの中に赤い糸でむすんだ黒猫のパーツを閉じ込めて

光に揺れるサンキャッチャーのようなオーナメントをつくりました

飾りのビースにはスワロフスキーや、チェコビーズ、

猫の目のような光を放つ猫目石などを使用していますので、

窓辺に飾るとキラキラよく輝きます

猫の下に3種の素材を敷き詰めました。お好みのものをお選びくださいね

ちょっとわかりにくいのですが左から天然の苔、ガラスのビーズ、ガラス製の小石を敷いています

 

中に入っている黒猫のパーツはこちら↑

小指の先よりちいさいです

がんばって赤い糸を蝶々結びしました

 

吊るす部分のわっかにつけたリボンには

“mon ami(私のともだち)”とスタンプでメッセージを捺しています

 

リボンはそれぞれ2種ご用意しました

 

こんなタグをつけてお届けしています

 

<グリーン(苔)>

天然の苔をドライにしたものを細かく切って敷いています

経年の変化も合わせてお楽しみください

 

<シャボン(ガラスのビーズ)>

泡のように見える細かい細かいノンホールのビーズを敷いています

一番光でキラキラするのはこちらです

 

<小石(ガラス製)>

ぽろぽろ動く白い小石のようなガラスの粒を閉じ込めました

黒とのコントラストがかわいい

 

 

音が揺れる風鈴みたいな

猫のチャームのオーナメント

ガラスドームの中に赤い糸をむすんだ金色のチャームの黒猫を閉じ込めて

揺らすとチリチリとちいさな音がするオーナメントをつくりました

ビースにはスワロフスキーや、チェコビーズ、猫の目のような光を放つ猫目石などを使用していますので、

窓辺に飾るとキラキラよく輝きます

 

中に入っている金色の猫のチャームはこちら↑

こちらもがんばって赤い糸を蝶々結びしておめかししました

 

少し揺れるだけで、チリチリとちいさな音がします

 

 

***

 

オーナメントたちをつるしてみたところ

 

これからの季節にいかがでしょうか

 

    

 

次回は<商品編>です。

企画展中になんとか更新したいです!

 

 

Lykkelig『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』に
お届けしたもの
<はんこ作品編>

 

先日の予告どおり、6月2日からmusic&zakka Lykkeligでスタートした

『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』

お届けしたちいさなものたちを紹介させてください。

今日は<はんこ作品編>です

 

今まで作品の紹介は、中央揃えでまんなかにしていましたが、

スマートフォンからご覧いただいている方も多いようなので、

これからも左寄せで書いてみたいと思います

 

 

    

 

What a Wonderful Nyanco

リュケリのネコ雑貨展2

<はんこ作品編>

 

NEW

■ 持ち手つき手彫り猫はんこ

「 猫 の い る 風 景 」

いろいろな持ち手つきのはんこを作ってきたツメサキの世界ですが、

今回は、持ちやすさ捺しやすさを1番に考えて

印材屋さんから取り寄せた持ち手を使用して猫のいる風景を彫りました

(そのぶんちょっとだけお値段が高めになってしまってすみません)

すました顔、愛嬌のある顔、なにを考えてるかわからない顔、猫は様々な表情をします

猫好きにとっては、そこに猫がいるだけで、なにげない風景も特別なものになりますよね

そんな猫のいる風景を切り取ったようなはんこになればと思い制作しました

 

 

まるくてつややかな木の持ち手は、

レトロなスタンプがお好きな方にはぐっとくる形状ではないでしょうか。(←私です)

 

ひとつひとつタイトルをつけてお届けしました

 

印面はこんな感じ

 

 

タイトルと捺し見本をタグにして赤いコットンレース糸で結びました

 

 

個人的な好みですが、並んでいるだけでテンションのあがる形です、この持ち手。

手帳や手紙に、たくさん捺してお楽しみいただけたらうれしいです。

 

NEW

木琴堂×ツメサキの世界

■ ス タ ン プ つ き 筆 記 具 木 製 枕  猫 バ ー ジ ョ ン 

古雑貨・手づくり雑貨カフェ「木琴堂」さん(兵庫県赤穂)とのコラボでできた、

スタンプ付き筆記具枕。 筆記具枕は木琴堂の店長がひとつひとつ手作りで製作しています。

ペンのまるみに寄り添ってつくられているので、

小筆はもちろん、万年筆やインクペン、ガラスペンなどの筆記具たちを、

机にインクがつくことを気にせずしっかりと置いておくことができます。

「書くこと」を大切にされる方のための道具、

ものを書くときの気持ちを切り替える道具としておすすめです。

ぜひお手にとって、手仕事のぬくもりを感じていただけたらうれしいです

 

 

大きさはこれくらい

 

このペン枕の裏側が猫のスタンプになっています

 

 

捺したところ

 

連続で捺しても楽しいです

 

NEW

手捺しはんこ 

水 貼 り ラ ベ ル 猫 バ ー ジ ョ ン

3色各5枚入り

3種の猫のモチーフに水貼りラベルを作りました

蔵書票として、手帳のデコレーションに、 手紙のポイントに…

1枚1枚、手彫りのはんこを捺して制作していますので、

かすれや傾きは味わいとしてお楽しみいただけたら幸いです

 

こんなふうにグラシン紙の封筒に入れてお届けいたしました

 

同柄3色各5枚入り

タイトルの通り、水をつけて貼ることができます

が、紙質によっては水で波打つことがありますので、

大切な紙にご使用の際は、糊で貼っていただくことをおすすめいたします

 

ちょっと書き込めるように余白を作っています

 

*おすまし猫

 

写真ではわかりにくいのですが、裏には糊がついています

 

*リクス リブリス

エクス リブリスとは、蔵書票のことで、

本の見返し部分に貼って、その本の持ち主を明らかにするための小紙片です

 

余白になまえをかいて、大切な本に貼って使っていただけたらうれしいです

 

*机の下の猫

 

こちらはこんな使い方も楽しいです

お気に入りの切手の台紙をより目立たせることができますよ

水貼りラベルは湿気に弱いので、乾燥した場所で保存してください

 

        

 

次回は<そのほかの手しごと作品編>です。

ちゃんと企画展中にすべてご紹介できるようにがんばらなきゃ!

 

 

Lykkelig『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』
参加のお知らせ('18 /6/2 〜 6/12)金沢

 

ありがたいことにツメサキの世界の今年の上半期は、

イベントや企画展のお誘いをたくさんいただきました。

特に、テーマのある企画に沿って、

こまごましたものを作るのはとても楽しいので、スケジュール帳を眺めながらも、

楽しく制作させていただいています。

 

来月6月2日に金沢のmusic&zakka Lykkeligさんスタートするのは、

『What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2』です

(第一回目のリュケリ猫雑貨展にも参加させてもらいました →

私を含め、猫が大好きな人にはたまらない、猫で溢れる雑貨展です

今年で15周年を迎えられたLykkeligさんは、

ちょうど10年前、まだよちよち歩きのツメサキの世界頃にお声をかけてくださり、

それからずっとツメサキの世界のちいさなものをお取り扱いしていただいています。

そんなリュケリさんの15周年の企画展に参加させていただけてとてもうれしいです。

 

第一回に続きDMは黒ねこ意匠さんのみんな大好きロビンちゃん!かわいい〜

 

【参加作家(敬称略)】
Kazahana+ [陶器]
片岡まみこ [絵・粘土作品]
銀鉤舎 [グッズ他]
クマゲラ工房 [陶器]
黒ねこ意匠 [紙雑貨・グッズ他]
クロノユキコ [陶器]
雑貨食堂六貨 [食器・グッズ他]
Zacchino! [ブローチ他]
高辻あい [陶器]
ちまじや [陶器]
とりごえまり[ポストカード他]
猫実珈琲店 [珈琲グッズ他]
nemunoki paper item  [紙雑貨・グッズ他]
モンブランド [ガーゼ製品・ハンカチ他]

ツメサキの世界 [紙雑貨・グッズ他]

 

 

DMにも書かれていますが、

「かわいいだけじゃない、大人が欲しくなる猫雑貨が大集合」です。

かわいいだけじゃない猫のすばらしき世界をぜひご堪能ください。

ツメサキの世界からお届けしたものは、またあらためてお知らせさせてくださいね。

 

《Event data》

What a Wonderful Nyanco リュケリのネコ雑貨展2

18/06/02 〜 06/12
場所:music&zakka Lykkelig

石川県金沢市小立野1丁目6-22メゾンノア1F
TEL : 076-262-4511
open : AM11:00-PM8:00

close : 水曜日

 

*

こちらの黒ねこ意匠さんがデザインされた素敵なDM、

あとほんのわずかですが手元に残っています

とってもかわいいので、欲しい方がみえましたらお譲りいたします

(おひとりさま1枚限りとさせていただきます)

遠方で企画展はいけないかも・・・という方でもかまいません

なお数に限りがございますので、あらかじめご了承ください

 

ご希望の方はこちらからどうぞ

メール.jpg
封筒をクリック!

 

なお、ご希望いただいた方には、

お住いの近くでツメサキの世界が参加するイベントや企画展ある際に

DMをお送りさせていただく場合がございます

(お客様からお預かりした個人情報は、利用目的以外には使用しません)

 

 

 

 

ranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの」終了しました
(企画展のようす)

 

5月2日(水)-21日(月)のranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの 」(大阪梅田)、

無事終了いたしました。

足を運んでくださった皆さま、

ツメサキの世界のちいさなものをお手にとってくださった皆さま、

本当にありがとうございました。

 

大阪にお住いのお客さまが

 

ranbuさんに許可をいただいて、写真を撮ってきてくださったので、

素敵な企画展の様子、少し紹介させてください。

 

お店全体の様子

なんだか宝箱の中みたいなわくわする店内・・・素敵です!

 

 

 

ツメサキの世界のちいさなものも、こんなに素敵にディスプレイしてくださいました。

 

 

ranbuさん、こんな素敵な企画展にお誘いいただき、ありがとうございました。

小瓶作品は、制作していて、とても楽しかったです。

 

***  今まで参加させていただいたranbuさんのイベント ***

(タイトルクリックで、そのイベントのおしらせページにジャンプします)

企画展「 手 紙 」('12/01/25 〜 02/13)

個展「ツメサキサーカス」(’13/05/22〜06/03)そのようす→

企画展『注文の多い文具展』(’15/01/28〜02/16)

個展「テーブルの上の星猫展」(’15/07/08 〜 07/20)そのようす→

個展「冬の机」('17/01/18 〜 01/30)そのようす→

 

 

ranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの 」にお届けしたもの

 

先日の予告どおり、今日はranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの 」

お届けしたちいさなものたちを紹介させてください。

今回の企画展は、すべて手作業の作品で挑みました。

 

遠方でお出かけできない方も、

ちょこっとだけ、ツメサキの小瓶の中の世界を楽しんでいただけたらうれしいです。

 

   

 

r a n b u 企 画 展 「 小 瓶 の 中 に 詰 め た も の 」

 

NEW

■ しあわせをはぐぐむボトルレター

 

ちいさなちいさな瓶の中には、ハートの模様のついた風船葛の種が2粒、

そしてちいさく巻いた便箋が入っています

風船葛は「あなたと共に」という素敵な花言葉があります

あなたとともにしあわせをはぐくめますように・・・

とってもちいさいけれど便箋は文字が書き込めるようになっています

大切な方にそっとプレゼントしてもらえたらうれしいです

 

大きさはこれくらいです

 

実際にはこんなふうに風船葛の育て方を簡単に書いたメモを結びつけてお届けしています

 

 

ボトルをあけて中をだしてみたところ

 

ちいさく巻いた便箋をひらいたところ

便箋はちいさな丸カンでとじています

 

「しあわせの種をあげる」

 

しあわせの種があなたの大切な方のもとで芽を出し、

葉を伸ばし、きれいな花を咲かせますように

 

 

 

NEW

■ 渚のボトルレター

 

星の砂、珊瑚の砂、林檎貝、懐貝、猿頬貝、

そしてユーカリのドライを詰め込んで、

いつかどこかの海辺のお土産屋さんで見かけたことがあるような、

渚をモチーフにしたボトルレターをつくりました

ちいさく巻いた便箋は、ひとことメッセージが書き込めます

 

 

蓋をあけて覗いたところ

 

中身を出して並べてみました

ラベルには入っている貝のなまえを書きました

 

 

 

中に入っている便箋はこんな感じ

海辺に似合う爽やかな色にしてみました
 

メッセージを書き込んで大切な方へ、いつかの海での思い出を綴って窓辺に置いて・・・

などなど、いろいろな楽しんでもらえたらうれしいです

 

 

NEW

■ 時間を閉じ込めたネックレス

 

ツメサキの世界、ひさしぶりのアクセサリーです

ずっと戸棚のなかであたためていたミニチュアの砂時計を、瓶の中に閉じ込めてネックレスをつくりました

チェーンタイプとナチュラルな紐タイプとご用意いたしました

チェーンタイプにはガラスの飾りを、紐タイプには時計のチャームをあしらいました

お好みでどうぞ

 

チ ェ ー ン タ イ プ

 

こんなふうにタグをつけてお届けしています

金色のチェーンはアジャスターつき

 

 

大きさはこれくらい

すごく小さいでしょう??

並んでいていてもかわいいのです

チェーンタイプのほうはガラスの飾りがキラリと光ります

 

ぜひこれからの季節、涼しげな胸元につけて、

お出かけに連れていってくださいね

 

コ ッ ト ン 紐 タ イ プ

こちらはお肌にもやさしいコットン紐のタイプ

紐の長さは調節できるようになっています

 

 

紐タイプのほうには金古美の時計のチャームをアクセントでつけています

 

 

素敵な思い出の時間を砂時計の中にとじこめて

いつでもお守りみたいに持ち歩けたらいいなと思ってつくりました

 


■ 新 美 南 吉 詩 の 標 本
 

こちらは新美南吉企画展「夏のお話創作展」に出展して、

ご好評いただいたものを再現してみました
 理科の時間を思い出させるような
 蓋付きのちいさなガラスシャーレのなかに綿を敷いて
 貝殻と、その貝をみながら彫った、手彫りはんこを詰めています

綿の下には南吉の残した貝の詩を潜ませています

 

ひとつずつ、わら半紙で帯を巻いています

 

あけたところ

これからの季節のお便りのワンポイントにいかがですか?

 

シャーレを裏がしたところ
「貝殻を やゝに動かし 波ひきぬ」
 貝と波に心を託した南吉さんの静かな詩を、感じていただけたらうれしいです

 

                           NEW                            

窓辺に飾る

サンキャッチャーのような

■ 渚のオーナメント

 

星の砂や、林檎貝、懐貝、巻いた紙を閉じ込めて、

浜辺のボトルレターをイメージしたオーナメントをつくりました

夏の窓辺にいかがでしょうか

私の撮影の修行が足りなくてなかなか実物のように写真が撮れませんでした

力不足ですみません・・・

 

 

ガラスドームの中には貝殻と一緒に巻いたレターを閉じ込めています

 

なんとか全体像を撮ってみたのですが・・・

わかりづらい・・・

透明のテグスを使っています

 

ガラスドームが光に透けて窓辺に飾るときれいです

フックに引っ掛けるためのわっかの部分には白いシフォンのリボンを結びました

 

世界にひとつ、を作りたくて、途中の挟んだビーズたちはそれぞれみな違います

お好きな雰囲気のものをお選びくださいね

ベネチアンガラスやスワロフスキーのガラスビーズをたくさん使っていますので、

キラキラ光を反射してくれると思います

 

いろんな表情をお伝えしようと(うまく撮れないので・・・)

いろいろな素材の上で写真を撮ってみました

 

光の中での様子をお伝えしたくて屋外で写真を撮ってみましたが、

大変デリケートな作品のため、室内でのご使用をおすすめいたします

お取り扱いに十分ご注意ください

 

  

 

いかがでしたか?

すこしだけでも小瓶のなかのちいさな世界を感じてもらえたのならうれしいです

企画展も後半に差しかかりました。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

ranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの」のようす

 

イベントのお知らせが、交差しており、わかりずらくてすみません。

現在出展中のイベントは以下のふたつです。

 

C/STORE -Art&Design- 』

会場: 函館蔦屋書店

会期:4月23日(月)-5月11日(金)

 

20180502_1987469_t.jpg

ranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの

会場: ranbu 3F()

会期:5月2日(水)-21日(月)

 

 

ranbuさんがツイッターでranbu企画展「小瓶の中に詰めたもののようすを

公開してくださっていたので、そちらの紹介させてくださいね。

 

もっと詳しくみたい!

という方は、ぜひ、可能でしたら大阪梅田のranbuさんへお出かけください❤︎

 

ツメサキの世界からお届けしたものも、いくつか紹介してくださいました。

 

 

 

 

素敵に紹介していただき、うれしいです!

また、ひとつひとつのちいさな作品についての紹介はツメサキノートでもさせてくださいね。

今回はテーマが「瓶に詰めたもの」だったので、

いつものようなポストカードやレターセットはお届けしていませんが、

ツメサキの世界らしいラインナップになったと思っています。

作っているあいだも、とっても楽しかった!

テーマが決められた企画展って大好きです。

 

函館のお近くの皆様、大阪近くの皆様、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの」('18/05/02-05/11)大阪梅田

 

お知らせが遅くなってしまいました。

明日5月2日から(正確には今日から)、

数年前より、個展や企画展で何度もお世話になっている大阪梅田のdesing & art ränbuさん

企画展「小瓶の中に詰めたもの」に参加させていただきます。

 

***  今まで参加させていただいたranbuさんのイベント ***

(タイトルクリックで、そのイベントのおしらせページにジャンプします)

企画展「 手 紙 」('12/01/25 〜 02/13)

個展「ツメサキサーカス」(’13/05/22〜06/03)そのようす→

企画展『注文の多い文具展』(’15/01/28〜02/16)

個展「テーブルの上の星猫展」(’15/07/08 〜 07/20)そのようす→

個展「冬の机」('17/01/18 〜 01/30)そのようす→

 

こんなギリギリの告知になってしまい、恐縮なのですが、

小瓶に詰めたものや、ちいさな世界が好きな方にはたまらない

とーっても素晴らしい企画展になると思いますので

(参加される作家さんがすばらしいのです!)

ぜひ、お近くの方は足を運んでいただけたらうれしいです。

会期は5月11日までとなります。

 

オーナーさんもブログの中で仰っていますが、

小瓶の中に詰められた閉ざされた世界というのは、

しんとした不思議な静けさがあり、人の心を心地よく落ち着けてくれる気がします。

なので、私も大好きなんです、小瓶の世界。

すこし涼しげな感じも、これからの季節にぴったりですよね。

 

以下、ranbuさんのブログより引用です。

ずらりと並ぶ小瓶
これは、私の魔法の小瓶

中に詰められた小さな宝物を見えないベールで包みます。

私の想いや思い出、その時の香りや空気
全部全部この中に詰め込みます

様々なものを小瓶に入れた展示会を行います。
小さな空間に広がる世界を是非お楽しみください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ガラスの中に閉じ込められているというだけで、なんだか異次元を感じる。
一つの時空が出来上がる、そんな気がしました。
初夏のゴールデンウィーク、周りは賑やかな中、ぽつんと出来上がるエアーポケットのような
企画展にできればなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?

とっても素敵でしょう??

ツメサキの世界のものたちは、ちょっと手のかかった雑貨といった感じですが、

ほかの作家さんのものは、まぎれもなく「作品」です。

ご一緒させていただけて本当にうれしいです。

ぜひともこの機会に、小瓶の世界をゆっくりとご覧ください。

 

《Event data》

企画展「小瓶の中に詰めたもの」

05/02(水)-21(月)
desing & art ränbu  3F
大阪市北区大淀南1-4-20長谷川ビル301
tel : 06-6345-7122
open:12:30-19:30
close:火曜日
= アクセス =
JR「大阪駅」、各線「梅田駅」徒歩12分
1Fに赤いBarとマレーシア料理店のあるビル3F

 

C/STORE2018@函館蔦屋書店にお届けしたもの<商品編>

 

前回の予告どおり、

C/STORE2018@函館蔦屋書店 にお届けした紙雑貨・スタンプなど、

既成の商品の紹介をさせてください。

お届けした<手しごと編>はこちら →

 

会期は5月11日までです。

ぜひ、お近くの方はお立ち寄りいただけたらうれしいです。

 

 

 

C / S T O R E 2 0 1 8 @ 函 館 蔦 屋 書 店

<ツメサキの世界 商品編>

 

● 日本製 ●
封筒 : 洋形2号(162×114) カード : 105×150

質感がやさしく、書きごこちもよいコットン素材のカードと封筒のセットです
手彫りのはんこのデザインをそのまま活版印刷いたしました
活版ならではの微妙な凹凸の手ざわりや、
活版の”きちんと感”と、手彫りはんこの″アナログ感”の
ギャップから生まれる不思議なバランスを味わっていただけたらうれしいです
活版の活字でメッセージも捺しました
封筒も、欧米では伝統的な中紙が貼られている二重封筒を選びました
少しフォーマルな場面や、目上の方へのメッセージカードとしてもおすすめです
万年筆やガラスペンのインクも似合いますよ

01◆ おじいさんのランプ 「 あ り が と う 」 ◆
封筒を開くと夜空のようなミッドナイドブルーが広がります
静かな夜、木々に吊るされた、たくさんのランプ そっと感謝の気持ちを伝えます


こちらは同じデザインのポストカード、そして一筆箋もあります

紺色のインクで印刷しています

02◆ あの子の住む街へ 「 お め で と う 」 ◆
ぱっとひらくと優しいコーラルが広がります
とおくに住む大切なあのこへ 心をこめてお祝いを


こちらはシルバーのインクを使用しています
上品な雰囲気に仕上がりました

 

オ リ ジ ナ ル シ ー ル 「 猫 の 街 」
● 日本製 ●
約15×10.5

あえて、あまりシールらしくない感じを目指して作ってみました
ぱっと見た感じ、手描きかなー?と思われるような…
こんなふうに吹き出しをつけたりして、楽しんでくださいね

背面が透明なタイプのシールです



 

オ リ ジ ナ ル 一 筆 箋

■ ご ん ぎ つ ね ■

■ 黒 ウ サ ギ に な り た か っ た 白 ウ サ ギ の マ ー チ ■

 

■ 花 を う め る ■

 

■ お じ い さ ん の ラ ン プ ■

 

ち い さ な お 茶 缶
●日本製●
h 約8cm / φ 約8cm
夜を駆ける猫 / 流れ星 / ごんのふるさと

● 日本製 ●
■ ご ん ぎ つ ね (A4) ■

オモテ

ウラ

■ 南 吉 さ ん の 星 (A4)

 

 

手 捺 染 オ リ ジ ナ ル 手 ぬ ぐ い 3 種

猫のなまえ / きつねの散歩 / ランプの中の童話

●日本製●
綿100%

幅35センチ×長さ90センチ

左から「猫のなまえ」「キツネの散歩」「ランプの中の童話」です
(タイトルをクリックで以前の手ぬぐいの詳細が御覧いただけます)


 

青 い 屋 根 の 「 お う ち ふ せ ん 」

本体 h約60×w約64弌‖羯 h約85×w105
30枚綴り
日本製

 

 

美南吉童話・詩
メモ帖「 ご ん ぎ つ ね 」「 月 か ら 」

● 日本製 ●
12,3×9
90枚綴り 再生紙使用

 

 

オ リ ジ ナ ル ピ ン バ ッ チ 4 種

 

 

 

 

 

 

マ ス キ ン グ テ ー プ
「 ラ ン プ と ロ ウ ソ ク 」/「 流 れ 星 」
● 日本製 ●
カモ井加工紙株式会社制作 / 和紙製マスキングテープ

 

 

 

  樹 脂 製 メ ッ セ ー ジ は ん こ

40×40

台木:アンティーク加工(h30mm)

昨年より制作している樹脂製はんこ

(ツバメネコ ← クリックでそれぞれ詳しいページにジャンプします)

 

 

オ リ ジ ナ ル ス タ ン プ(ゴム製)
● 日本製 ●

いろいろな種類をたっぷりお届けいたしました

 

* * *

 

ほかにもポストカードやレターセット、白いお家カードなど紙雑貨もたくさんお届けいたしました

ぜひお手にとってご覧くださいね

 

 

 

C/STORE2018@函館蔦屋書店 のようすです