路線バス「ごんくる」の掲載と写真

半田市地区路線バス「ごんくる」3台の図案を担当しました



今日はドキドキしながらお知らせします。
(TwitterFacebookでは、フライングでお知らせいたしました)
2018年10月01日より運行を開始した半田市地区路線バス「ごんくる」3台の図案を担当させていただきました。

ツメサキの世界は、「伝える」「届ける」をテーマに、
"爪の先ほどの小さな世界”と、

”指をさした時、爪の先のその先に広がる世界”という意味を込めてその名前をつけました。
ですが、まさかこんな大きな絵になりたくさんの人を「届ける」かたちになるなんて・・・!
本当に、夢にも思いませんでした。

あまりツメサキノートでは、プライベートな話はしないようにしていますが、
私自身は物凄い怖がりのため、自動車の免許を所持していません。
今でこそ、そんなことにも慣れましたが、若い頃はそのことにとても引け目を感じていました。
都会では自動車に乗れなくたって平気ですが、
私の故郷のような郊外の町では、やはり自動車に乗れないということはとても不便で、
実質的に不便なだけでなく、まわりからも「なんで?」と言われることが多かったように感じます。

ですから(なにが言いたいかっていうと)、
このような形で、故郷の交通の便に携わるお仕事ができたことを、とてもうれしく思っています。
地元の方にはもちろん、観光で半田市に訪れた方にも愛されるバスになってくれることを心から願っています。

 


一台ずつ紹介させてください

南吉バス
南吉バスは新美南吉記念館はもちろん、半田赤レンガ建物(ツメサキ生まれのお土産もあります)、

雁宿公園前などで停車いたします。

新美南吉の代表作「ごんぎつね」のお話がバスの一面に展開されています。
(写真がボケてしまったのでまた撮り直せたら差し替えます)
こちら側にはうなぎが首に巻きついてあわてているごんぎつねが描かれていますが、
反対側には栗を手にいっぱいかかえたごんが描かれています。




青成バス 
青山・成岩方面を走ります
半田市立図書館や、半田空の科学館・体育館(プラネタリウムもありますよ!)常楽寺などで停車します

こちらは「でんでんむしのかなしみ」のお話をテーマに描きました。
タイトルを聞くと悲しいお話のようですが、決してそうではない短編作品です。
反対側には虹も描きました。




亀有バス

亀崎潮干祭で有名な神前神社(かみさきじんじゃ/地元では「県社」と呼ばれています)

にごり池公園、日本最古の木造駅舎と言われている亀崎駅日本福祉大学半田キャンパスなどに停車します

「手ぶくろを買いに」の童話をテーマに描きました。

反対側には、帽子屋さんや手ぶくろをはめた小ぎつねが描かれています。

 

 

どれもアクリル絵の具で描いたものをほぼそのまま印刷していただいたので、

ツメサキの世界ならではのゆるい線や、絵の具のムラや滲みもそのままになっているそうです!

(なんかちょっと恥ずかしい!)

 

基本料金は100円で、乗り継ぎ上限も200円までなので、気軽に利用していただけます。

↓時刻表・路線図はコチラ(半田市HP)
https://www.city.handa.lg.jp/kotsu/koutsuu/gonkuru.html

 

さっそくツメサキゴーゴー隊が走っている「ごんくる」バスの写真を送ってくれました。

うれしい。ありがとうございます! でもまだ実感が湧かない・・・・

ツメサキゴーゴー隊とは?…

ツメサキの世界の作品のあるところに出かけてくれたり、写真を撮ったりして応援してくださる方のことです)

 


バスや各バス停などに書かれている「ごんくる」のロゴ文字も担当させていただきました。

「ん」の字がきつねのしっぽ、「る」の字のなかに栗🌰が入っています。

 

どうか皆さま、半田市で走っているところ見かけたら、

きつねやデンデンムシに手を振ってやってくださいね。

(手を振るのは心のなかでもかまいません)

そして、バスはご利用者が少ないと

本数が減って不便になってしまう(こともある)乗り物でもあります。

ぜひぜひ、たくさんご利用いただけたらと思います。

まだ、「ごんくる」のことを知らない半田界隈のご友人にも、ばしばし宣伝していただけたら幸いです。

 

私も帰省したら、こっそり乗ってみようと思います。

 

 

Cheek(チーク)2018年 10月号
ツメサキの世界うまれの南吉童話グッズ掲載

 

このたびの台風21号の影響により、被災されました皆様に、

謹んでお見舞い申し上げます。

ツメサキの世界の実家も昨日はずっと停電しており、

一夜明けた今日、テレビのニュースをみて愕然としました。

一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

雑誌掲載のお知らせです。

Cheek(チーク)2018年 10月号に、ツメサキの世界うまれの南吉童話グッズが掲載されています。

新美南吉記念館併設のCafe& gallery ごんの贈り物さん の情報のほかにも、

ツメサキの世界が制作したお土産(ポストカード、クリアファイル、メモロールなど)が並ぶ、

半田赤煉瓦建物の情報、半田、常滑、南知多、美浜など

知多半島のグルメや美景スポットなどがぎゅっとつまった一冊です。

知多半島にお出かけの予定のある方、ぜひぜひお手にとってご覧ください。

 

知多半島全域スタンプラリーちたんぷ
夏の「ぐるっと知多半島賞 」の手ぬぐい
デザインを担当いたしました

 

またまたうれしい仕事させていただきました。
知多半島全域スタンプラリーを企画開催しているちたんぷさんの夏の「ぐるっと知多半島賞 」の手ぬぐいのデザインを担当させていただきました!
テーマは「知多半島の手しごと」。
伝統の知多木綿で作られています。
賞品の応募方法はちたんぷ さんの、HP、アプリ、冊子でご確認いただけます

ちたんぷ → https://chitamp.com

 

 

 

知多半島の手しごとのからうまれる数々の品を手ぬぐいいっぱいに配しました

(知多半島マニア?の方には、全部わかっていただきたいです!)

 

こちらが2018年版 ちたんぷBOOK 

 

 

最近、ふるさと知多半島のお仕事をさせていただく機会が増えて、とってもうれしいです。
食べ物が美味しく、海がきれい、伝統、歴史ある知多半島のことを、

もっともっとたくさんの方に知っていただけたら幸いです。

熱中症対策を万全にしてお出かけくださいね。

 

iichi Summer Campaign 2018

 

 

毎日猛烈に暑いですね。

窓から入ってくる風が熱風に感じます・・・

(暑いのが苦手なので、ほんとうにつらいー・・・)

 

さてそんな夏のキャンペーン

毎年行われている 手仕事のギャラリー&マーケットiichiさん

iichi  Summer Campaign 2018 にあわせて、いくつかのこものたちを出品してみました。

お買い物コード「SUMMER2018」を記入すると、1回分のお買い物が10%割引となります。

キャンペーンは7月31日(火) 23:59まで。

 

この機会に、ぜひツメサキの世界のものたちのお買い物を楽しんでいただけたらうれしいです。

発送はツメサキの世界から直接お届けいたします。

キャンペーンの詳細はこちら

 

下の画像から、ツメサキの世界iichiショップにジャンプします

 

 

 

南吉童話のブックカバーと栞の図案を描かせていただきました


うれしいお仕事をさせていただきました。

ごしごし鉛筆で書いたイラストも、

デザイナーさんのお力を借りて、こんな素敵なブックカバーに仕上がりました。

どのモチーフも南吉童話のなかで、重要な役割を果たしているちいさなものたちです。

南吉童話に登場するすべてのものたちには、南吉さんの優しい眼差しが向けられています。

 





このブックカバー、栞を手にとっていただいた方が、

新美南吉さんのこと、新美南吉さんのふるさと半田のことを、

すこしでも思ってくださったらうれしいです。

 

配布書店さんなど詳細につきましては、
ごんの贈り物(@cafeshopgon)さんにお問い合わせくださいね。

「はんの木」のタイトル文字を担当しました

 

 

久しぶりのツメサキノート更新になります。

いつも覗いてくださる皆さま、本当にありがとうございます。

 

このたび、ごんのふるさとネットワークさんから年2回刊行されることになりました、

広報誌「はんのき」のタイトル文字を書かせていただきました。

はんの木(榛の木)は、新美南吉記念館の北側、道を渡った矢勝川との間の土地に植わる木の名前で、「おじいさんのランプ」の作中にも登場しており、新美南吉童話のシンボルツリーとなっています。

 

 

どんな写真やイラストにも似合う、素朴なタイトル文字にしたくて、ペンやインクなどさまざまな筆記用具でいろいろ書いてみましたが、いちばん気に入っていた鉛筆でごしごし書いたものを選んでいただき、私も嬉しかったです。

(ちょっと写真では伝わりにくくてスミマセン)

記念すべきVOL.1の表紙は、絵本作家黒井健さんの作品です。

「ごんぎつね」「てぶくろを買いに」の絵本というと、黒井健さんの絵を思い出される方も多いのではないでしょうか。

彼岸花の花畑から、ちょこんと顔を出すゴンがなんとも愛らしい…。

うしろに見えているのが、ゴンの名前の由来にもなった権現山です。

 

 

見開きのちいさな冊子ですが、新美南吉やその作品、そのふるさとを愛する人たちの手によって作られたことがひしひしと伝わってくる愛にあふれた冊子に仕上がっています。(私もそのひとりと自負しています!)

地元ならではの濃い情報も発信していきたいという、ごんのふるさとネットワークさんの心意気も感じられます。

 

 

拙文ながら、おすすめ絵本のコラムも担当しました。

今年は戌年ということもあり、「のら犬」を選んでみましたよ。

 

見かけたらぜひ手にとってご覧くださいね。

 

/// 広報誌「はんの木」の欲しい方 ///

 

ただいま、直接ツメサキの世界からお買い物してくださったお客様でご希望の方には、

この「はんのき」を同封させていただいています。(数量限定)

とくに今はツメサキの世界でお買い物の予定はないけれど、

「はんの木」の冊子が欲しい!という方、いましたら、冊子のみでも喜んでお送りいたします。

お申し込みはこちらから。。。

メール.jpg
封筒をクリック!

(*定形外郵便の発送代180円分の切手のみ頂戴いたします。折り曲げても良いよ、という方は82円でお届けできます)

遠方の方にもお手にとっていただきたいので、ぜひお気軽にお申し付けくださいね。

 

/// 黒井健さんの南吉童話絵本 ///

 

2017年のおわりに / エビス文具店楽天市場店のこと

 

 

ツメサキノート、今年最後の更新になります。

 

すっかりお知らせしそびれていたのですが

ツメサキの世界のお取り扱い店であるエビス文具店さん

実は楽天ショップも開いています。

なので、なので、ツメサキの世界の商品も楽天ショップでお買いものしていただけます。(一部ですが)

 

普段楽天ショップでお買い物されている方、ポイントを集めている方、

もしよければ、ツメサキの世界のちいさなものたちも楽天ショップでも見てみてくださいね。

 

クリックでエビス文具店楽天市場店にジャンプいたします。

 

ツメサキの世界の商品はこちらでご覧いただけます →

 

おかげさまで今年もいくつかのちいさな新作を発表することができました。
今年は、大阪ranbuさん個展「冬の机」をさせていただいたり

ジュンク堂書店福岡店「来る福、招き猫展」

長年お世話になっている金沢のmusic&zakka Lykkeligさんの「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展−

はじめてお誘いいただいた静岡のweekend booksさん「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」

メイドイントーカイさん名古屋パルコ期間限定ショップなどなど、

いろいろな場所でツメサキの世界の作品を展示販売させていただく機会をいただきました。、

来年もこつこつ手を動かし、

既製品だけでなく、手づくりのちいさなものたちもお手にとっていただけるようにしていきたいです。
来年もどうぞツメサキの世界をよろしくお願いいたします。

 

新しくやってくる年が、

皆様にとって、うれしいことたのしいことでいっぱいの、穏やかな良い年になりますように。

 

ツメサキの世界

石川みほ

 

「ごんぎつねの里 童話の世界をめぐる旅」PRパンフレットの
タイトル文字、イラストを担当しました

ごんのふるさとネットワークさんのPRパンフレット「ごんぎつねの里 童話の世界をめぐる旅」の

イラストとタイトル文字を担当させていただきました。

ごんのふるさとネットワークさんは、いつもツメサキの世界の南吉グッズを並べていただいている、

新美南吉記念館併設のミュージアムショップcafe&shop「ごんの贈り物」を運営されている機関です。

 

タイトル文字も手書きです

イラストにはクレヨン、色鉛筆、ペンなどいろいろ使いました。

 

ちいさな挿絵なども描かせていただきました

パンフレットには、南吉の故郷まわりのマップやおすすめのショップ、

また、年間の催しなどが掲載されています。

 

 

これから全国の書店やミュージアムのチラシコーナーなどに置かれる予定です。

見かけたら、ぜひお手にとっていただけたらうれしいです。

 

ショップ・ギャラリーのオーナーさまへ

「ごんぎつねの里」PRパンフレットをご希望のショップさま、

ツメサキの世界からもお送りできますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ペンション Pieni Kotiさまのはんこを
制作いたしました(長野県茅野市 蓼科高原) 

 

暦の上では立秋を迎えましたが、まだまだ暑さは夏本番そのものです。

こんな暑さが続くと、どこか涼しい避暑地に出かけて1週間くらいのんびりしてみたい・・・と思うのは、たぶん私だけではないはず・・・。

 

さて、今回、そんな日本の避暑地のひとつ、長野県茅野市の蓼科高原にある、

ペンションPieni Koti(ピエニ コティ)さんの大判はんこを制作させていただきました。

フィンランド語で“ちいさなおうち”という意味のPieni Kotiさんは名前のとおり、

まるでムーミンのお話に登場するようなかわいいおうちで、蓼科高原の自然とも調和した素敵なペンションです。

私の父の知人がご家族で始められたペンションPieni Kotiは、

昨年オープンしたばかりということで、今回、お祝いと記念にはんこを制作させてもらいました。

 

こちらがペンションPieni Koti

童話から飛び出してきたような素敵なペンションです。

 

ツメサキの世界が制作したはんこはこちら。

(すみません・・・はんこ単体の写真を撮るのをうっかり忘れてしまいました・・・)

 

はんこの台木はチーク、

持ち手部分にはピエニコティさんのペンションのイメージにあわせたドアノブを使用しています。

ラッピングには古切手と千日紅のドライフラワーをあしらいました。

 

紙袋にも、はんこを捺したシールを貼ってお届けしました。

 

父がペンションに宿泊する時に、直接、届けてきてくれたのですが、

手作りのお好きなPieni Kotiのご家族の皆さんは大変よろこんでくださったそうで、私も一安心です。

これから、どんなふうに使ってくださるのか、とても楽しみです。

 

リボン1.jpg

 

Pieni Kotiさんの外観と内装です。

ほんの一部ですがご覧くださいDocomo80

のんびりくつろげそうな雰囲気ですね。

素敵・・・!

 

 

冬のPieni Koti

雪景色も素敵ですね。

(ここからPieni Kotiさんに写真をいただきました)

 

お花の絨毯のように見えるのは紅葉だそう・・・とってもきれい!

秋の風景

 

ニッコウキスゲで有名な車山高原もすぐ近くです

(お花の見頃は7月中旬ごろから、下旬まで)

 

蓼科高原のまわりの自然は、どの季節も素晴らしく本当におすすめです。

私もいつか、この素敵なPieni Kotiお邪魔してみたいです。

 

 

Docomo38

ペンションPieni Koti

https://www.tateshina-pienikoti.com

長野県茅野市北山4035-119

TEL:0266-78-2900

FAX:0266-75-5651

交通アクセス 茅野駅よりお車にて約25分