アンティークキーの魅力



アンティークキーが好きになったのは
いつの頃からでしょうか?
少しずつショップで眺めたり、集めたりしてきましたが
まだひとつとして同じものに出会ったことがありません。
鍵なのだから、当然といえば、当然のこと。

錆び具合や心地よい重さ。
いったいどこの鍵だったのだろうと想像することなど
楽しさがいっぱいです。
そのアンティークキーを身近に使ってもらいたいと思い
ツメサキでいろいろ考えていました。

以前、ninoさんのイベントの時に
リボンのついたナンバーアンティークキーリングというのを
出展させていただきましたが
それを進化させて
ツメサキの定番商品になりました。



本革の鍵型を作ってくださったのは、
いつもいろいろ相談に載っていただいている
銀と革の職人 銀革屋さんです。
もうこのキーリングは
銀革屋さんが全部作ったと言ったほうがよいのでは?
と思われるほど、いろんな面でお世話になりました。

ツメサキ製のナンバーアンティークキーリングのいいところ

・私のように鍵がひとつしかない人でも
 鍵がいっぱいついているようにみえるところ
 (何気にうれしいんです、鍵ひとつぽっちの私には)
・手のひらにのせたとき、心地よい重さがあるところ
・鍵を首からカギッコ風にさげていても、寂しくないところ
(どうぞ、革紐やお好きなで首から
 ペンダントのようにさげてみてください。
 けっこう、どんなお洋服にも似合って、かわいいです。)

裏はこだわりの活版で、ナンバーを入れています。
以前は「★」マークだったものを
「*」マークに変更いたしました。
ほんと、すごくささやかなことですね。




そしてそして
今回の私がいちばんうれしいところ。
ジャーン!
銀革屋さんにツメサキのタグを作っていただきました。
もちろん本革製で、ひとつひとつ銀革屋さんの手づくりです。
この刻印がたまりません。
なんてかっこいいのでしょう!
お色は現在は緑・ベージュ・赤がございます。



鍵型の抜き型には、
ベーシックながらも、いろいろな色を用意してもらいました。

使えば使うほど味のでるキーリング。
アンティークキーと本革のしっとりした艶が
いつか自分の肌になじむまで
ずっと使っていただける作品になりました。

今回はユニセックスバージョンなので、
男性へのちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

現在は金沢のリュケリさんの店頭で、
お手にとってご覧いただけます。

ありがたいことに現在在庫切れです。
また材料が整い、まとまった数が製作できましたら
こちらでも販売したいと思います。

楽しみにお待ちいただけたらうれしいです。







JUGEMテーマ:アート・デザイン

ボタンとリコルヌさんのこと

ボタン


私のすきなもの、切手に続きふたつめのお話です。

私のすきなもの・・・、それはボタン。

もう、もう、大好きです。
どのくらい好きかっていうと
「ボタンあつめ」という言葉を聞くだけで、
すごく元気のないときでも、ちょっと「うふふ」と思ってしまうくらい好き。

どこがそんなにすきなのか、また考えてみたのです。

ちっちゃいところ。
いろんな色があるところ。
いろんな形があるところ。
とにかく存在自体がかわいい。

そんなわけで、小さい頃からたくさん集めているので、
家には、おおきなクッキーの缶いっぱいにボタンがじゃらじゃら入っています。
それを眺めているだけで、うっとり。
色別に分けてみたり、まぜこぜにしてみたり。

とくに価値のあるボタンはありません。

父の作業着のボタンや、おばあちゃんからもらった古いボタン、
母が私の入園式のときに来ていたスーツの予備のボタンなど、
思い出があるものも数多く混ざっていて
ちょっと切なくなったり、うれしくなったりしながら飽きもせず、眺めます。

これはどんな服についていたボタンなのかな?

写真のひつじさんのまわりに散らばっているボタンたちは、
だいすきなお店
手芸雑貨屋リコルヌさんでお買い物させてもらったボタンたち。
ボタンの他に、オーナーのmasaさんが海外から買い付けたチャームやカボション、
ビーズなどをお取り扱いしています。
ネットという世界はほんとうに広くて、
ビーズなどを数多く取り扱う大きな会社もオンラインショップを開いています。
そういうショップはなんでもそろって便利かもしれない。
けれど、私にはなぜか選べないの。
数が多すぎるし、目がチカチカしてくるからかな?
あと、とってもとってもかわいらしいお店もあります。
だけど、リコルヌさんはちがう。
かわいいだけじゃない、なにか、があるのです。
一本筋が通ったような・・・。
私はそこがとても好き。
masaさんの厳しい目を潜り抜けたビーズやボタンたちだけが並んでいるから、
ほんとうにどれも美しいのです。
そしてなにより、masaさんの品物に対する愛情がいっぱい伝わってくるのです。

私もいつか(近いいつか)、オンラインでお店を開けたらと思っています。
品物、作品は少なくても、そんなお店にしたいです。
来てくださった方が、そのとき、少し疲れていたり寂しいときでも、
ちょっとほっとできるような、ニコニコできるような、そんなお店です。

リコルヌさんで購入したボタンたちは、クッキーの缶には入れないで
とくべつの木の抽斗に入れています。
いつか作品になる日まで、出番を待っていてくれるのです。

手芸雑貨屋リコルヌ http://shugei-zakka.com/

店主masaさんのblog http://blog.bambino.shop-pro.jp/


* * *

私のようなボタン大好きな方におすすめの本
もう、垂涎ものです。




 

ちいさな紙片





私のすきなもの。
それは切手。

写真に映っているのはネーデルランドの消印つき切手。

どうしてこんなに好きなのか、考えてみました。
ちっちゃいところ。
ちっちゃくてその中に、さまざまな素敵なデザインが入っているところ。
ちいさな額に入った絵みたい!
そのなかにそれぞれの国の雰囲気や、歴史や、そういうものがいっぱいつまっているところ。
遠い国からはるばるやってきたところ。
そして、どんな人が使った切手なんだろう…。
ラヴレターだったかもしれない…。
遠い故郷のお母さんへの手紙に貼ってあったのかもしれない…。
なんて、勝手に想像が膨らませると楽しいところ。

作品のパッケージなどに、あるいはときどき作品自体に古い切手を使うことがあります。
なにげなく貼ってあるようにみえるかもしれませんが、私の中では、厳選に厳選を重ねて、ときどきは、ああこれは手元にとっておきたい!でも、ここにくっつけたら絶対によく似合う…と葛藤の上、貼り付けていることもあります。

なので、もしも私の作品のどこかで切手をみつけたら、どうか、ちらっとでもいいので眺めてやってください。

その切手は、どこか遠い国のどなたかの想いをのせて、誰かに届き、そして海を渡って、たまたま私のところにやってきて、そして今、あなたのもとに届いた、小さな切手だからです。

切手好きさんへのおすすめの本 と、いうか、私が好きな本。



 
  


mitsouさんのこと


すごく心が疲れたときがありました。

文字を追っていてもそれが頭に入ってこなくて
意味がわからないくらい疲れていました。
大好きな小説が、読んも読んでも内容がわからないのです。
だから同じ行ばかり読んでしまう。
そのころに偶然見つけたのが、mitsouさんのHP「みつのあはれ」でした。
どうしようもなく惹かれる世界でした。
「みつのあはれ」は、きれいにまっしろでした。
そこにmitsouさんの絵はありました。
なんにも、なんにも入れたくなくて、入ってもこなかったのに
すんなりmitsouさんの絵は入ってきたのでした。

私は欲の多い人間なので
mitsouさんのような生き方はできないかもしれません。
でもとてもだいじなことを教えてもらったような気がします。
mitsouさんの言いたかったことがそういうことだったのかはわからないけれど
エッセイを読んで、そして作品たちに触れて、
「くらす」「いきる」ということが
ただそれだけで、とても尊くありがたいことだと思われました。
なんかすごいこととかできたら、うれしいけれど
もしできなくても、そのシンプル日々のいとなみこそが、
いちばん素敵なことだって、そんなふう思ったのです。

<mitsouさんのシンプルなノートブック> ネットでも購入できます。
他にもいろんな色があります。紙の質感もとてもすき。