ranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの 」にお届けしたもの

 

先日の予告どおり、今日はranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの 」

お届けしたちいさなものたちを紹介させてください。

今回の企画展は、すべて手作業の作品で挑みました。

 

遠方でお出かけできない方も、

ちょこっとだけ、ツメサキの小瓶の中の世界を楽しんでいただけたらうれしいです。

 

   

 

r a n b u 企 画 展 「 小 瓶 の 中 に 詰 め た も の 」

 

NEW

■ しあわせをはぐぐむボトルレター

 

ちいさなちいさな瓶の中には、ハートの模様のついた風船葛の種が2粒、

そしてちいさく巻いた便箋が入っています

風船葛は「あなたと共に」という素敵な花言葉があります

あなたとともにしあわせをはぐくめますように・・・

とってもちいさいけれど便箋は文字が書き込めるようになっています

大切な方にそっとプレゼントしてもらえたらうれしいです

 

大きさはこれくらいです

 

実際にはこんなふうに風船葛の育て方を簡単に書いたメモを結びつけてお届けしています

 

 

ボトルをあけて中をだしてみたところ

 

ちいさく巻いた便箋をひらいたところ

便箋はちいさな丸カンでとじています

 

「しあわせの種をあげる」

 

しあわせの種があなたの大切な方のもとで芽を出し、

葉を伸ばし、きれいな花を咲かせますように

 

 

 

NEW

■ 渚のボトルレター

 

星の砂、珊瑚の砂、林檎貝、懐貝、猿頬貝、

そしてユーカリのドライを詰め込んで、

いつかどこかの海辺のお土産屋さんで見かけたことがあるような、

渚をモチーフにしたボトルレターをつくりました

ちいさく巻いた便箋は、ひとことメッセージが書き込めます

 

 

蓋をあけて覗いたところ

 

中身を出して並べてみました

ラベルには入っている貝のなまえを書きました

 

 

 

中に入っている便箋はこんな感じ

海辺に似合う爽やかな色にしてみました
 

メッセージを書き込んで大切な方へ、いつかの海での思い出を綴って窓辺に置いて・・・

などなど、いろいろな楽しんでもらえたらうれしいです

 

 

NEW

■ 時間を閉じ込めたネックレス

 

ツメサキの世界、ひさしぶりのアクセサリーです

ずっと戸棚のなかであたためていたミニチュアの砂時計を、瓶の中に閉じ込めてネックレスをつくりました

チェーンタイプとナチュラルな紐タイプとご用意いたしました

チェーンタイプにはガラスの飾りを、紐タイプには時計のチャームをあしらいました

お好みでどうぞ

 

チ ェ ー ン タ イ プ

 

こんなふうにタグをつけてお届けしています

金色のチェーンはアジャスターつき

 

 

大きさはこれくらい

すごく小さいでしょう??

並んでいていてもかわいいのです

チェーンタイプのほうはガラスの飾りがキラリと光ります

 

ぜひこれからの季節、涼しげな胸元につけて、

お出かけに連れていってくださいね

 

コ ッ ト ン 紐 タ イ プ

こちらはお肌にもやさしいコットン紐のタイプ

紐の長さは調節できるようになっています

 

 

紐タイプのほうには金古美の時計のチャームをアクセントでつけています

 

 

素敵な思い出の時間を砂時計の中にとじこめて

いつでもお守りみたいに持ち歩けたらいいなと思ってつくりました

 


■ 新 美 南 吉 詩 の 標 本
 

こちらは新美南吉企画展「夏のお話創作展」に出展して、

ご好評いただいたものを再現してみました
 理科の時間を思い出させるような
 蓋付きのちいさなガラスシャーレのなかに綿を敷いて
 貝殻と、その貝をみながら彫った、手彫りはんこを詰めています

綿の下には南吉の残した貝の詩を潜ませています

 

ひとつずつ、わら半紙で帯を巻いています

 

あけたところ

これからの季節のお便りのワンポイントにいかがですか?

 

シャーレを裏がしたところ
「貝殻を やゝに動かし 波ひきぬ」
 貝と波に心を託した南吉さんの静かな詩を、感じていただけたらうれしいです

 

                           NEW                            

窓辺に飾る

サンキャッチャーのような

■ 渚のオーナメント

 

星の砂や、林檎貝、懐貝、巻いた紙を閉じ込めて、

浜辺のボトルレターをイメージしたオーナメントをつくりました

夏の窓辺にいかがでしょうか

私の撮影の修行が足りなくてなかなか実物のように写真が撮れませんでした

力不足ですみません・・・

 

 

ガラスドームの中には貝殻と一緒に巻いたレターを閉じ込めています

 

なんとか全体像を撮ってみたのですが・・・

わかりづらい・・・

透明のテグスを使っています

 

ガラスドームが光に透けて窓辺に飾るときれいです

フックに引っ掛けるためのわっかの部分には白いシフォンのリボンを結びました

 

世界にひとつ、を作りたくて、途中の挟んだビーズたちはそれぞれみな違います

お好きな雰囲気のものをお選びくださいね

ベネチアンガラスやスワロフスキーのガラスビーズをたくさん使っていますので、

キラキラ光を反射してくれると思います

 

いろんな表情をお伝えしようと(うまく撮れないので・・・)

いろいろな素材の上で写真を撮ってみました

 

光の中での様子をお伝えしたくて屋外で写真を撮ってみましたが、

大変デリケートな作品のため、室内でのご使用をおすすめいたします

お取り扱いに十分ご注意ください

 

  

 

いかがでしたか?

すこしだけでも小瓶のなかのちいさな世界を感じてもらえたのならうれしいです

企画展も後半に差しかかりました。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

C/STORE2018@函館蔦屋書店にお届けしたもの<手しごと編>

 

C/STORE2018@函館蔦屋書店はじまっています。

会期は5月11日まで。

大型連休もありますので、ぜひ、お近くの方はお立ち寄りいただけたらうれしいです。

 

今日はC/STORE2018@函館蔦屋書店にお届けした手仕事の作品を紹介させてください。

ちょっと北海道を意識したものも作ってみましたよ。

 

C / S T O R E 2 0 1 8 @ 函 館 蔦 屋 書 店

<ツメサキの世界 手仕事編>

 

NEW

■ 手彫りはんこ「木のものがたり」

北海道の白樺の木を台木に手彫りのゴム板はんこを貼って世界にたったひとつのはんこを作りました

ひとつひとつのはんこには、それぞれの木の物語が詰まっています

台木のはあなたと大切な誰かのご縁を結ぶために、赤いコットンレース糸を結びました

 

白樺の台木にあわせてゴム板を切り抜き、はんこにしていく作業はとても楽しかったです

 

 

 

手にした時の白樺の木の質感がなんともあたたかみがあって好きです

 

飾っていても楽しいはんこを目指しました

 

 

 

ひとつひとつのはんこにタイトルがついています

木の物語を標本みたいに一枚の紙に集めて捺してみました

 

 

NEW

■ 漆喰の壁の家

木のおうちに、漆喰を塗り重ねて、手のひらサイズの家をつくりました

色は、天然由来のバターミルクペイントを使っています

窓やドアは手彫りはんこを捺していますどのおうちをあわせてもしっくりくるように、色をつけてみました

窓辺に、玄関に、飾っていただけたらうれしいです

 

 

窓や屋根の模様は手彫りはんこで捺しました

 

大きさもかたちもひとつひとつ違います

質感はこんな感じ

漆喰のざらっとした感触が楽しい

 

漆喰の壁のおうちが並ぶ街

 

あなたが住んでみたいおうちはありますか?

 

■ 切 手 手 彫 り は ん こ( 文 具 ・手 紙 バ ー ジ ョ ン )■
30mm×30mm 台木:チーク(海外の古切手つき)


台木の部分に海外の古切手をあしらった切手手彫りはんこ

今回の企画展にあわせて 私なりに「綴る」ことをイメージして、はんこを彫りました

お恥ずかしながら、私はおなじはんこを二度とつくることができないので、

良くも悪くも1点ものです

お気に入りをみつけてもらえたらうれしいです

 

 

私の海外切手コレクション(詳しくはないけど切手が大好きなんです)から、

手紙に関するモチーフの切手を探して貼りました

切手って、なんでこんなにかっこいいのでしょうか・・・

印面はこんな感じです

(図案は一部写真と異なるものもお送りいたしました)

 

 

 

■ 星 に 願 い ご と ボ ト ル レ タ ー ■
<ソウゾウノ銀河 / ながれぼし>

ちいさなプラスチックのボトルに 夜空のミニレターをくるくるまるめて詰めました

星のかけらにみたてたヴィンテージのストーンを同封しています
願いごとを書いて、大切な方へ送ってみませんか?

 

切手を貼って、ポストに投函すると遠くの大切な方へもお届けできます

ためしに投函してみました

無事、届きました メール

荷札は外れたりしないよう、ぎゅっと結んで処理をしていますが、
途中でねがいごとが外にとび出してしまわないよう
投函する際は蓋をテープなどで閉じて発送することをおすすめいたします

 

大きさはこれくらいです

ボトルを開けると、流れ星のかけらが出てきます

ヴィンテージのストーンを使用しています

ピカピカではなくて、やさしいキラキラがきれいです

 

 

中の便箋は2種類ご用意しています

 

 

 

 

手 編 み 封 筒

■ ち い さ な お 手 紙 ス ト ラ ッ プ ■

封筒の大きさ:35mm×20mm 金具:金古美

エジプトレース糸使用(コットン100%)

ひとつひとつ手編みでつくっています

封筒のかたちをしたストラップをどうしてもつくりたくて

あれこれ編み方を工夫して、このかたちになりました

 

キナリはゴールドの金属のハートのボタン

オフホワイトには透き通った赤いハートのビーズ

 

ちゃんと開きます

中には2枚ちいさなちいさな便箋が入ってます

いつも持ち歩いて、そっと見直したい言葉を書いていただいたり、

ひみつのお手紙を書いて、ちいさな贈り物にしていただけたらうれしいです

パッケージにも少しだけ凝って、切手型に切ったシールをポイントに貼って

グラシン紙の袋に入れてお届けいたしました

うっすら透けて見える封筒がきれいです

ひとつひとつ手作りのため、若干の個体差がございます

ご了承ください

 

***

 

次回は紙雑貨など既製品でお届けしたものをさらっと紹介します。

お近くの方は、ぜひぜひ手にとってご覧いただきたいです。

 

皆さま、どうか楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

 

「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」
(weekend books / 静岡沼津)('17/04/16 〜 25)にお届けしたもの
<手しごと紙雑貨・小物 編>

 

weekend booksさんで開催中の「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」も、後半に入りました。

 

本日は<てしごと紙雑貨・こもの編>です。(ちなみに次回は<紙雑貨(商品)編>を予定しています)

おでかけしてからのお楽しみにしたいな・・・という方は、

このままブラウザを閉じてください インク 


種明かしOKの方はご覧ください。

遠方でお出かけできない方にも少しでも、お出かけいただいた気分になってもらえたらうれしいです。

 

   

 

 

「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」

4月16日(日)〜25日(火)

weekend books

<てしごと紙もの・こもの編>

 

復 刻 版

■ 星 に 願 い ご と ボ ト ル レ タ ー ■
<ソウゾウノ銀河 / ながれぼし>

こちらは、以前「星に願う」という企画展のために制作したものですが、

ご好評いただき、あっというまに完売してしまいました

それからなかなか同じボトルがみつけられず、再販できずにいたのですが、

最近ようやく似たボトルを見つけることができて、今回、改良して再販することができました

ちいさなプラスチックのボトルに 夜空のミニレターをくるくるまるめて詰めました

星のかけらにみたてたヴィンテージのストーンを同封しています
願いごとを書いて、大切な方へ送ってみませんか?

宛名を書く荷札は青を選びました

120円切手を貼って、ポストに投函すると遠くの大切な方へもお届けできます

ためしに投函してみました

無事、届きました メール

荷札は外れたりしないよう、ぎゅっと結んで処理をしていますが、
途中でねがいごとが外にとび出してしまわないよう
投函する際は蓋をテープなどで閉じて発送することをおすすめいたします

大きさはこれくらいです

ボトルを開けると、流れ星のかけらが出てきます

ヴィンテージのストーンを使用しています

ピカピカではなくて、やさしいキラキラがきれいです

以前より、若干ボトルが大きくなったので、

星のかけらのも多めに入れています

いろいろなキラキラが入っています

お好きな色味の星のかけらを探してみてくださいね

 

メッセージカードは2種類ご用意しています

<ソウゾウノ銀河>

 

<ながれぼし>

ブルーの罫線を入れています

 

大切な方へ、願いをこめて綴っていただけたらうれしいです

 

 

■ ツ バ メ が は こ ぶ ボ ト ル レ タ ー ■
ご好評いただいてるツメサキの世界の、ガラス瓶のボトルレターもお届けいたしました
薬品を使わずドライフラワーにしているので、
時を経て変化する様子もたのしんでいただけたらと思います

(こちらはガラスのボトルなので、郵送はできません)

今回お届けした草花

ミニバラ / ユーカリグニー / スーパールージュ

 

 

コルクの蓋にツバメのはんこを捺しています

 

中には封筒1枚、便箋2枚入っています

上から覗いた時、とってもキュートなんです

 

+ ミニバラ +

 

+ ユーカリグニー +

 

+ スーパールージュ +

 

 

■ 復 刻 版 「 私 の レ タ ー セ ッ ト 」■

ス ノ ー ド ー ム の 夜 / あ の 子 の 住 む 街 へ / カ メ ラ の あ る 風 景
便箋:9 封筒:3 手彫りはんこ入り

ご好評いただいている「私のレターセット」の復刻版。

おまけで、ひとつ、ツメサキの世界オリジナルの手彫りはんこが入っています

(手彫りはんこは、アソートになります)

どれもも手彫りはんこを使って作ったレターセットです

 

お便りを書いた相手の方と素敵なご縁が続きますように

そんな願いをこめて、ひとつひとつ赤い糸で結んでお届けしています

 

こんな感じのパッケージでお届けしています

こんかいアソートで入っているのはこんなミニはんこです

ぜんぶ手彫りの1点ものです

(画像が悪いため、モノクロで失礼いたします)

 

 

ス ノ ー ド ー ム の 夜

 

 

あ の 子 の 住 む 街 へ

 

 

カ メ ラ の あ る 風 景

 

 

 

手 編 み 封 筒

■ ち い さ な お 手 紙 ス ト ラ ッ プ ■

封筒の大きさ:35mm×20mm 金具:金古美

エジプトレース糸使用(コットン100%)

ひとつひとつ手編みでつくっています

封筒のかたちをしたストラップをどうしてもつくりたくて

あれこれ編み方を工夫して、このかたちになりました

 

キナリはゴールドの金属のハートのボタン

オフホワイトには透き通った赤いハートのビーズ

このストラップ…

ちゃんと開きます

中には2枚ちいさなちいさな便箋が入ってます

いつも持ち歩いて、そっと見直したい言葉を書いていただいたり、

ひみつのお手紙を書いて、ちいさな贈り物にしていただけたらうれしいです

パッケージにも少しだけ凝って、切手型に切ったシールをポイントに貼って

グラシン紙の袋に入れてお届けいたしました

うっすら透けて見える封筒がきれいです

ひとつひとつ手作りのため、若干の個体差がございます

ご了承ください

 

 

オ ー ブ ン 陶 土

■ 猫 の 筆 や す め ■

大きさ:手のひらにのるサイズ

オーブン粘土を使って、なにか机の上で使えるもの…

文房具と一緒に使えるものができないかな?と考えて、猫の筆やすめをつくってみました

ブラックコーヒーのような黒豆色の粘土を使っています

ちょっと焦げた感じになるまで焼いてみました

一匹ずつ表情も目の色も毛の模様も違います

手紙を書くとき、しばらく手をやすめて、どんな言葉を届けようかな…と思案にくれるときってありますよね

そんなときに、この猫の筆やすめに、万年筆やガラスペン、

あなたのお気に入りのペンを置いて、大切な方への言葉をじっと考えてもらえたらうれしいです

猫のようにしなやかでやわらかで、素敵な言葉がみつかりますように…!

ならべてみたところ

(ちいさい画像はクリックですこし大きくなります)

 

ときどきしっぽのない子もいます(私の中ではボブテイル設定です)

猫たちの毛の表情は、焼く前に彫刻刀でひっかいたもの、ペンの裏で凹ませたもの、

焼いた後に色鉛筆でごしごし描いたものなどなど、さまざまあります

強度には十分気をつけて制作していますが、

陶土製のためぶつけると割れることがございます

気をつけてお取り扱いくださいませ

無害安全の水止めニスを施していますので、

筆やすめのとしてだけでなく、箸やカトラリー置きとしても使っていただけます

お好きな使い方を見つけていただけたらうれしいです

 

   

 

 

現在、weekend booksさんでは、

手紙に関する本、活版印刷や文房具の本など揃えてくださっています。

お手紙、紙好き、文房具好きの方にはたまらない本ばかりです。

今は、インターネットでも簡単に本が買えるようになりましたが、

こんな素敵なお店で出会った本は、一生心に残る一冊になりそうです。

23日(10時〜15時)には「ON THE TABLE 〜「おいしい」と「おいしく」をありったけ〜」

も、開催されます。おいしいものがお好きな方も注目です。


出店

Spice 6 (パキスタンカレー/ チキンカマージ、チャパティロール)
天然酵母ぱん クープ (パン)
まるも茶店 (お茶)
ファームサイリークル (野菜)
room coffee (移動カフェ)
sakumio (焼き菓子)
macot (フルーツソース、マーマレード)
くぼぢ食堂 (デリカテッセン)

 

ツメサキノートでは、次回は、お届けした紙雑貨(商品)についてご紹介したいと思っています。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

企画展は25日までです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」
(weekend books / 静岡沼津)('17/04/16 〜 25)にお届けしたもの
<はんこ・スタンプ編>

 

今日は、 weekend booksさんで開催中の「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」

お届けしたものをおしらせさせてください。

 

本日は<はんこ・スタンプ編>です。(ちなみに次回は<てしごと紙もの編>を予定しています)

おでかけしてからのお楽しみにしたいな・・・という方は、

このままブラウザを閉じてください インク 


種明かしOKの方はご覧ください。

遠方でお出かけできない方にも少しでも、お出かけいただいた気分になってもらえたらうれしいです。

 

   

 

 

「綴る、春。 ー 手紙まわりのあれこれ ー 3」

4月16日(日)〜25日(火)

weekend books

<はんこ・スタンプ編>

 

木琴堂×ツメサキの世界
■ ス タ ン プ つ き 筆 記 具 木 製 枕 ■

ちいさな作品ではありますが、今回の企画展のために以前より準備していた自信作です。
古雑貨・手づくり雑貨カフェ「木琴堂」さん(兵庫県赤穂)とのコラボでできた、筆記具枕。

筆記具枕は木琴堂の店長がひとつひとつ手作りで製作しています。
ペンのまるみに寄り添ってつくられているので、小筆はもちろん、万年筆やインクペン、ガラスペンなど、
ころがってしまいそうな筆記具たちを、机にインクがつくことを気にせずしっかりと置いておくことができます。


「書くこと」を大切にされる方のための道具、ものを書くときの気持ちを切り替える道具としておすすめです。

 

 

底面にツメサキの世界のオリジナルの樹脂スタンプを貼り付けています。
筆記具枕を横に手紙を綴り、さいごにスタンプをポンとおして仕上げてもらえたらうれしいです

封蝋と封筒 / インクとペン / えんぴつ

ナンバリング / ToDoリスト / メガネのクローバー

羽ペンとインク / 腕時計 / ノートブック

 

他にも図案を作りましたが今回はこちらをお届けいたしました

自分なりに、皆「綴る」のまわりの道具たちをテーマに描いてみました

印面はこんな感じです

 

大きさはこのくらい

ちいさくてかわいいのです

ひとつひとつ手作業で制作されているので、枕の形がそれぞれ微妙にちがうところも愛おしいです

 

 

こんなふうに使います

とても素敵でしょう?

 

今回は手彫りはんこではなく、手描きしたものを、樹脂スタンプにしました

手描きならではの細い線が気に入っています

 

ぜひお手にとって、手仕事のぬくもりを感じていただけたらうれしいです

「木琴堂」
兵庫県赤穂市砂子 95-6
営業日 木・金・土曜日
営業時間 10:00-15:00

blog : mokkindou.exblog.jp

twitter : twitter.com/mukei_font

木琴堂の広報担当の猫町フミヲさんの文房具日記「無罫フォント」:

(文具好きにとって、とても楽しく頼りになるブログです)

 


■ 切 手 手 彫 り は ん こ( 文 具 ・手 紙 バ ー ジ ョ ン )■
30mm×30mm 台木:チーク(海外の古切手つき)


台木の部分に海外の古切手をあしらった切手手彫りはんこ

今回の企画展にあわせて 私なりに「綴る」ことをイメージして、はんこを彫りました

お恥ずかしながら、私はおなじはんこを二度とつくることができないので、

良くも悪くも1点ものです

お気に入りをみつけてもらえたらうれしいです

ペン先 / 森の手紙 / 森の流れ星 / 空飛ぶ手紙

私のたからもの / 願い事をのせて / 日記を綴る / 工作用具

空からのお手紙 / 手紙のある風景 / 黒猫郵便 /手紙時間

 

私の海外切手コレクション(詳しくはないけど切手が大好きなんです)から、

手紙に関するモチーフの切手を探して貼りました

切手って、なんでこんなにかっこいいのでしょうか・・・

印面はこんな感じです

 

 

はんこを捺した台紙もよければお持ちくださいね

 

 

■ マ ッ チ 箱 の 中 の 色 鉛 筆 ミ ニ は ん こ ■

 

新年の個展の時にご好評いただいたちいさな作品です

芯がすこし歪んでいたり、先が折れてしまって、廃棄処分になるはずだった色鉛筆たちを

糸鋸で切りヤスリをかけ、それを台木代わりにして手帳に使えるミニミニスタンプをつくりました

それを海外のマッチ箱に3本ずつ詰めました

 

 

マッチ箱はひとつずつグラシン紙で包んでいます

 

大きさはこれくらい

 

色鉛筆の先にちいさなちいさなスタンプが貼ってあります

ちょうど大きさとしてはちいさめの手帳のマンスリー欄の片隅に捺せるくらい

 

スタンプは活版用の透明の樹脂でできています。

色鉛筆をまっすぐに立てて、そっと捺すときれいに捺せます

スタンプの上側にしるしとして「tsumesaki」のシールを貼っています

こちらを上側にして捺してくださいね*

 

こんなふうにマッチ箱の横に入っているスタンプを推してあります

台木の色鉛筆と入っているスタンプは今回はアソートになっていますので、

お好きなものを選んでくださいね*

(マッチ箱の中はご覧いただけるように展示しています)

 

 

■ 樹 脂 製 メ ッ セ ー ジ は ん こ ■

<改良版>

40×40

台木:アンティーク加工(h30mm)

 

昨年より制作している樹脂製はんこ

(ツバメネコ ← クリックでそれぞれ詳しいページにジャンプします)

今回の企画展にあわせてちょっとだけ改良しました

 

以前までは真四角の木を使用していましたが、持ちやすさ、収納の便利さを考えて、

少し高さを低くいたしました

印面はこんな感じ

 

 

こちらもぜひお手にとってご覧くださいね 鉛筆と消しゴム

 

   

 

次回は、お届けした、てしごとの紙ものについてご紹介したいと思っています。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

企画展は25日までです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展−('17/03/18 〜 28) / Lykkelig(金沢)にお届けしたもの<手しごと紙もの編>

 

music&zakka Lykkeligさんにて

「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展− 開催中です。

 

今日も企画展にお届けしたものたちを紹介させてください。

本日は<てしごと紙もの編>です。(次回は<紙雑貨(商品)編>を予定しています)

 

おでかけしてからのお楽しみにしたいな・・・という方は、

このままブラウザを閉じてください インク 


種明かしOKの方はご覧ください。

遠方でお出かけできない方にも少しでも、お出かけいただいた気分になってもらえたらうれしいです。

 

 

   

 

17手紙日和ミニ.jpg

 

「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展−

2017年3 月18 日(土)〜 28 日(火)

music&zakka Lykkelig

<てしごと紙もの編>

 

復 刻 版 「 私 の レ タ ー セ ッ ト 」

ス ノ ー ド ー ム の 夜 / あ の 子 の 住 む 街 へ / カ メ ラ の あ る 風 景
便箋:9 封筒:3 手彫りはんこ入り

ご好評いただいている「私のレターセット」の復刻版。

ツメサキの中では、今回の「手紙日和」のメインです。

文字が主役になれるレターセットがつくりたくて余白がいっぱいの制作いたしました。

 

おまけで、ひとつ、ツメサキの世界オリジナルの手彫りはんこが入っています

(手彫りはんこは、アソートになります)

どれもも手彫りはんこを使って作ったレターセットです

 

 

お便りを書いた相手の方と素敵なご縁が続きますように

そんな願いをこめて、ひとつひとつ赤い糸で結んでお届けしています

 

こんなふうにちいさな手彫りが入っています

 

 

こんな感じのパッケージでお届けしています

 

ス ノ ー ド ー ム の 夜

 

 

あ の 子 の 住 む 街 へ

 

 

カ メ ラ の あ る 風 景

 

 

ボ タ ン シ ー ト の ひ と こ と カ ー ド

手芸の好きな方なら、よくご存知のボタンシート

私はボタンはもちろんのこと、このシートもたまらなくすきなアイテムです

ツメサキの世界の初期の作品を、リニューアルしました

余白をたくさんとっていますので、メッセージを書き込んでお使いください

エンボス調の風合い豊かな紙に、ひとつひとつボタンを縫いつけています

ボタンは海外のものや、昭和のレトロなもの、さまざまです

台紙もさまざまなので、ひとつとしておなじものはありません

 

 

 

お好きなボタンがみつかりますように…!

 

マ ッ チ 箱 つ ば め レ タ ー

マッチ箱 ツバメの手作り封筒(手捺し):3 手捺し便箋:6
(マッチ箱:約3.1cm×4.7cm×1.5僉”筒:約2.5cm×3.8cm 便箋:約4.9×3.5僉

リュケリさんが長らくお取り扱いしてくださっている、

ツメサキの世界の初期から制作し続けているちいさな作品です

スウェーデンのマッチ箱に、ちいさなちいさな封筒と便箋が入っています




 

 


こんなふうに細い紐で結んで小包みたいにしてお届けしています

 

手 編 み 封 筒

ち い さ な お 手 紙 ス ト ラ ッ プ

封筒の大きさ:35mm×20mm 金具:金古美

エジプトレース糸使用(コットン100%)

ひとつひとつ手編みでつくっています

封筒のかたちをしたストラップをどうしてもつくりたくて

あれこれ編み方を工夫して、このかたちになりました

 

キナリはゴールドの金属のハートのボタン

オフホワイトには透き通った赤いハートのビーズ

 

ちょっとラブレターを意識してみました

このストラップ…

ちゃんと開きます!

中には2枚ちいさなちいさな便箋が入ってます

いつも持ち歩いて、そっと見直したい言葉を書いていただいたり、

ひみつのお手紙を書いて、ちいさな贈り物にしていただけたらうれしいです

パッケージにも少しだけ凝って、切手型に切ったシールをポイントに貼って

グラシン紙の袋に入れてお届けいたしました

うっすら透けて見える封筒がきれいです

ひとつひとつ手作りのため、若干の個体差がございます

ご了承ください

お手紙好きの方へのプレゼントにどうぞ

 

   

 

ひとつひとつ心をこめて制作しています。

ぜひたくさん方にご覧いただきたいです インク

どうぞよろしくお願いいたします。

 

次回は<紙雑貨(商品)編>をお届けする予定です。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展−('17/03/18 〜 28)
/ Lykkelig(金沢)にお届けしたもの<はんこ編>

 

昨日より、music&zakka Lykkeligさんにて

「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展− はじまりました。

 

今日は届けしたものたちをちょこっと紹介させてください。

本日は<はんこ編>です。(ちなみに次回は<てしごと紙もの編>を予定しています)

 

シンプルな便箋に、お気に入りのはんこをポンと捺すだけで、

オリジナルな便箋になります。

捺すほうも楽しいですし、

お手紙をもらった方にも、ちょこっとうれしい気持ちになってもらえると思いますよ。


おでかけしてからのお楽しみにしたいな・・・という方は、

このままブラウザを閉じてください インク 


種明かしOKの方はご覧ください。

遠方でお出かけできない方にも少しでも、お出かけいただいた気分になってもらえたらうれしいです。

 

   

 

17手紙日和ミニ.jpg

 

「手紙日和」−手紙の雑貨とマスキングテープ展−

2017年3 月18 日(土)〜 28 日(火)

music&zakka Lykkelig

<はんこ編>

 

手 彫 り は ん こ「 机 の あ る 風 景 」シ リ ー ズ
30×30 台木:チーク

大好きな机をテーマにはんこを彫りました。

好きな飲み物を用意して、机に向かい合って、手紙をしたためる。

なにげないようだけれど、とっても贅沢な時間ですね。

手彫りはんこなので、1点モノです

 

窓辺の机 / おやつのある机 / 毛糸のある文机

僕の場所 / 大切なあの子へ / 私の机

手紙と珈琲 / 便箋のある机 / お手紙ですよ

 

 

印面はこんな感じ

 

 

便箋の片隅に、ぽんと捺してお使いいただけたらうれしいです

 

 

マ ッ チ 箱 の 中 の 色 鉛 筆 ミ ニ は ん こ

こけしマッチ箱 数量限定バージョン

 

 1月の個展「冬の机」ranbu/大阪)でご好評いただいた「マッチ箱の中の色鉛筆ミニはんこ

今回はリュケリのオーナーさんがお好きなこけしバージョンで作ってみました

今回のみの数量限定バージョンです

 

芯がすこし歪んでいたり、先が折れてしまって、廃棄処分になるはずだった色鉛筆たちを

糸鋸で切りヤスリをかけ、それを台木代わりにして手帳に使えるミニミニスタンプをつくりました

それをこけしのマッチ箱に4本ずつ詰めました

 

なつかしい雰囲気の漂うマッチ箱に色鉛筆の組み合わせがとてもレトロな作品になりました

 

色鉛筆の先にちいさなちいさな樹脂製のスタンプが貼ってあります

とってもちいさなスタンプなので、こちらはお手紙の中で、絵文字みたいに使っていただけたらうれしいです

ちょうど大きさとしてはちいさめの手帳のマンスリー欄の片隅に捺せるくらい

 

こんなふうにマッチ箱の横に入っているスタンプを推してあります

台木の色鉛筆と入っているスタンプは今回はアソートになっていますので、

お好きなものを選んでくださいね*

 

 

おおきさはこれくらいです

 

 

ぜひお手にとってご覧ください

 

 

樹 脂 製 メ ッ セ ー ジ は ん こ

<改良版>

40×40

台木:アンティーク加工(h30mm)

 

昨年より制作している樹脂製はんこ

(ツバメネコ ← クリックでそれぞれ詳しいページにジャンプします)

今回の企画展にあわせてちょっとだけ改良しました

 

改良したのは持ち手でもある台木部分です

以前までは真四角の木を使用していましたが、持ちやすさ、収納の便利さを考えて、

少し高さを低くいたしました

 

また「机シリーズ」は以前、白のシールを貼っていましたが、

今回はツバメと猫にあわせてアンティーク加工いたしました

 

印面はこんな感じ

 

 

こちらもぜひお手にとってご覧くださいね 鉛筆と消しゴム

 

   

 

手彫りのはんこと樹脂はんこのご紹介でした。

次回は<てしごと紙もの編>をお届けする予定です。

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 

「来る福、招き猫展」にお届けしたもの
<オーブン陶土作品編>

 

福岡天神の、ジュンク堂書店福岡店B1F MARUZENギャラリー にて

第19回来る福、招き猫展」はじまっています。

ぜひぜひ、九州の招き猫好きさん、猫好きさん、お出かけくださいねあしあと

 

今回、ツメサキノートでは、オーブン陶土でつくったちいさな作品を紹介させてください。

 

ツメサキの世界は基本的には、紙雑貨、はんこの制作を中心に活動していますが、

「伝える」「届ける」をテーマにしたものであれば、

アクセサリーでも、手編みの作品でもアイテムや素材にこだわらず、自分がカタチにしたいものをあれこれ作ってきました。

企画展などでは、肩書きを問われる場合あり、

悩みながら、小物作家や、雑貨作家などと書かせていただいていますが、

本当は、自分のこと、なんと言ったらいいのかわかりません…。

ただ、どのアイテムも、ああでもないこうでもない、と

試行錯誤や、実験(?)や習作を重ねて、おっかなびっくりスタートしました。

 

そして、今回のオーブン陶土もツメサキ流の独学です。

強度や安全性には十分留意して制作しているつもりですが、

あくまで、ふだんづかいの「雑貨」として楽しんでいただけたらうれしいです。

 

お出かけの予定のある方で(ありがとうございます!)

見てからのお楽しみにしてくださる方は、今日はここでブラウザを閉じてくださいねあしあと

 

   

 

 

第19回 来 る 福 、招 き 猫 展

'17/02/18 〜 03/04

ジュンク堂書店福岡店 B1F MARUZENギャラリー

<オーブン陶土作品編>

 

オ ー ブ ン 陶 土

ツ メ サ キ の 招 き 猫

大きさ:手のひらにのるサイズ

オーブン陶土をこねて、手のひらサイズのちいさな招き猫をつくりました。

オーブン陶土とは、160℃から190℃程度の温度域で焼成できる低温度硬化型粘土のことで、

オーブンでも焼くことのできる陶土のことです

こちらには象牙色の粘土を使いました

 

 

右手をあげた招き猫はは金運やお金を、左手をあげた招き猫は人を招くと言われていますが

右手をあげた子、左手をあげた子、両方お届けしています

 

とてもちいさい招き猫なので、ちいさな幸せをたくさん招いてくれますように…

 

真正面からみたところ

金古美の鈴をつけています

揺らすとチリチリとなります

 

一匹一匹、赤いフェルトのお座布団に座っています

 

うしろからみたところ

鈴のついた赤い紐をちょうちょむすびしています

赤い紐は、一本一本コットンのレース糸で編んでいます

(いつもの、あのお気に入りのレース糸です)

 

ならべてみたところ

ご覧のとおり、すごくいろいろな表情の子がいます

おおきさもさまざま

お好きなタイプの子がいたら、ぜひお手にとってご覧くださいね

 

ツメサキの世界の招き猫は、和室だけでなく、洋室にもしっくり似合うようにしてみました

 

 

土の色をいかしたくて、彩色は最小限にとどめました

石っぽい土の色が気にいっています

 

おそらく会場でいちばんゆるい招き猫です

 

オマケ

写真撮影を待つ、招き猫たち

 

 

オ ー ブ ン 陶 土

猫 の 筆 や す め

大きさ:手のひらにのるサイズ

オーブン粘土を使って、なにか机の上で使えるもの…

文房具と一緒に使えるものができないかな?と考えて、

猫の筆やすめをつくってみました

こちらはブラックコーヒーのような黒豆色を使いました

ちょっと焦げた感じになるまで焼いてみました

 

 

こちらもまた一匹ずつ表情も目の色も毛の模様も違います

 

手紙を書くとき、しばらく手をやすめて、どんな言葉を届けようかな…と思案にくれるときってありますよね

そんなときに、この猫の筆やすめに、万年筆やガラスペン、

あなたのお気に入りのペンを置いて、大切な方への言葉をじっと考えてもらえたらうれしいです

猫のようにしなやかでやわらかで、素敵な言葉がみつかりますように…!

 

ならべてみたところ

(ちいさい画像はクリックですこし大きくなります)

 

ときどきしっぽのない子もいます(私の中ではボブテイル設定です)

猫たちの毛の表情は、焼く前に彫刻刀でひっかいたもの、ペンの裏で凹ませたもの、

焼いた後に色鉛筆でごしごし描いたものなどなど、さまざまあります

 

 

みんなお揃いの赤い紐の先にツメサキの世界のタグをつけてお届けしました

おうちについたら、赤い紐をほどいてあげてくださいね

よかったら、お気に入りの別のリボンを巻いてあげてください

 

こんなタグです

グラシン紙に白い文字 

すこしだけこだわった新しいタグです

 

無害安全の水止めニスを施していますので、

筆やすめのとしてだけでなく、箸やカトラリー置きとしても使っていただけます

 

 

 

 

お好きな使い方を見つけていただけたらうれしいです

 

​  ​  

 

じっくりご覧いただきまして、ありがとうございます。

ぜひ、会場でお手にとって、触り心地などもお確かめくださいませ。

 

ツメサキノートでは、

次回は<雑貨・紙モノ編>をお届けいたします。

 

「来る福、招き猫展」にお届けしたもの
<手彫りはんこ・紙雑貨手作り編>

 

今日は先回の予告どおり、

2月18日(土)〜3月4日(土)福岡天神の、ジュンク堂書店福岡店B1F MARUZENギャラリーにて開催される

第19回来る福、招き猫展」にお届けしたものを紹介させてください。

今回は、第一弾で <手彫りはんこ・紙雑貨手作り編>です。(第三回の予定です)

どうぞおつきあいください。

 

お出かけの予定のある方で(ありがとうございます!)

見てからのお楽しみにしてくださる方は、今日はここでブラウザを閉じてくださいねあしあと

 

   

 

 

第19回 来 る 福 、招 き 猫 展

'17/02/18 〜 03/04

ジュンク堂書店福岡店 B1F MARUZENギャラリー

<手彫りはんこ・紙雑貨手作り編>

 

大 判 手 彫 り は ん こ

猫 と 言 葉 の 手 彫 り は ん こ

50ミリ×50ミリ

台木:チーク(陶器の持ち手つき)

 

ひさしぶりに言葉入りの大判はんこを彫りました

福を呼ぶ招き猫がテーマということで、猫と、おめでたい言葉や添えられてうれしい言葉を選びました

捺しやすいよう、陶器の持ち手をつけています

 

I wish you good luck / if you want be happy,be

LOVE IS BEST / オイデオイデ(千客万来)/ Every day is new a day

 

 

印面はこんなかんじ

 

 

 

手 捺 し ぽ ち ぶ く ろ

ま ね き ね こ

3枚入り

 

招き猫って、ぽちぶくろにはぴったりのモチーフですね

いつもははんこだけで仕上げるツメサキの手捺しぽち袋ですが

今回は細部まで描き込みたくて、髭と耳、そして鈴のついた首紐を水彩絵の具で手描きしました

そのため、一匹一匹表情が違います

そこも楽しんでいただけたらうれしいです

 

 

金色の鈴をつけています

たくさんの福を招きますように…

 

こんなパッケージでお届けいたしました

 

 

 

原 画

木 版 画

 

今回は、木版画の原画も2枚お届けしました

大きな絵はちょっと苦手なのですが…(小声)がんばりました

こちらでは原画の一部のみ載せておきますあしあと

 

わ た し の と も だ ち

 

 

 

し あ わ せ な く ら し

 

 

   

 

ツメサキの世界は、いつもの調子のこんなかんじですが、

前回もお話しした通り、ほかの作家さんはベテランの招き猫作家さんばかりです。

ぜひ、お時間のあるときにお出かけくださいませ。

 

ツメサキノートでは、

次回は<オーブン陶土作品編>をお届けいたします。

 

 

 

「冬の机」にお届けしたもの(第四弾)
<ちいさなお手紙ストラップ / 手刷り活版印刷メッセージカード 他>

 

引き続き、個展「冬の机」(desing & art ränbu / 大阪梅田)に、お届けしたものたちの紹介です。

(ペースがのろくてすみません)

個展は今月30日までです。

関西方面にお住まいで、私がご住所を知っているツメサキユーザーのお客さまにDMをお送りしたのですが、

「DMを見てきました」とお店でお話しくださるお客さまも多々いらっしゃるとききました。

本当に本当にありがとうございます。
ぜひ、お近くの方、お出かけ予定のある方は、お立ち寄りくださいね◎


個展におでかけの予定があり、

おでかけしてからのお楽しみにしたいな・・・という方は、

このままブラウザを閉じてください インク 


種明かしOKの方はご覧ください。

今日は<てしごと編・第四弾>です。

遠方でお出かけできない方にも少しでも、お出かけいただいた気分になってもらえたらうれしいです。

 

 

   

 

ツメサキの世界

「 冬 の 机」 展

'17/01/18 〜 01/30

desing & art ränbu 

<てしごと編 第四弾>

 

手 編 み 封 筒

ち い さ な お 手 紙 ス ト ラ ッ プ

封筒の大きさ:35mm×20mm 金具:金古美

エジプトレース糸使用(コットン100%)

 

ひとつひとつ手編みでつくっています

封筒のかたちをしたストラップをどうしてもつくりたくて

あれこれ編み方を工夫して、このかたちになりました

 

 

キナリはゴールドの金属のハートのボタン

オフホワイトには透き通った赤いハートのビーズ

 

ちょっとラブレターを意識してみました

 

このストラップ…

 

ちゃんと開きます!

 

 

中には2枚ちいさなちいさな便箋が入ってます

いつも持ち歩いて、そっと見直したい言葉を書いていただいたり、

ひみつのお手紙を書いて、ちいさな贈り物にしていただけたらうれしいです

相手はいつ気づいてくれるかな?…お手紙入れたことをあえて黙っているのも楽しそう…

 

パッケージにも少しだけ凝って、切手型に切ったシールをポイントに貼って

グラシン紙の袋に入れてお届けいたしました

うっすら透けて見える封筒がきれいです

 

ひとつひとつ手作りのため、若干の個体差がございます

ご了承ください

 

 

 

手 編 み の 赤 い て ぶ く ろ
ス ト ラ ッ プ

サイズ : 女の人の小指が入るか入らないかのおおきさ


一年中使えるよう、毛糸でなくレース糸で編んでいます。

チリチリとちいさな鈴が鳴ります


大きさはこれくらい

 

 

こまもの堂 × ツメサキの世界

手 刷 り 活 版 印 刷 メ ッ セ ー ジ カ ー ド
カード 90×55弌”筒 100×65
紙 コットン スノーホワイト
原料にコットン(綿)パルプを配合しやさしく風合いのある紙です。
紙表面はコットン特有の柔らかさを持ちながらもコシがあり、手にした時に感じる上品な質感が特徴です

 

一枚一枚ていねいな手刷りした活版印刷ミニカードができました
刷ってくださったのは、福岡在住の手刷り活版印刷を手がけているこまもの堂さん
おそろいの素材の封筒つき
紙モノ好きさんにも納得の、風合い豊かな上質な紙で制作しています
紙の色は、潔いオフホワイトです
こんなパッケージでお届けしています

 

こまもの堂さんのHPはこちら

 

 

 

 ​ 
そのほかにも、今回は、版画の原画や、
レトロボタンの手彫りはんこなどお届けいたしました。
ぜひ、ranbuさんの店頭でご覧ください。

 

「冬の机」にお届けしたもの(第三弾)
< 復刻版「私のレターセット」、「おうちのカードホルダー」他>


前回に引き続き、個展「冬の机」(desing & art ränbu / 大阪梅田)に、

お届けしたものたちの紹介です。個展は今月30日までです。
ぜひ、お近くの方、お出かけ予定のある方は、お立ち寄りくださいね◎


個展におでかけの予定があり(ありがとうございます!)、

おでかけしてからのお楽しみにしたいな・・・という方は、

このままブラウザを閉じてください インク 


種明かしOKの方はご覧ください。

今日は<てしごと編・第二弾>です。

遠方でお出かけできない方にも少しでも、お出かけいただいた気分になってもらえたらうれしいです。

 

   

 

ツメサキの世界

「 冬 の 机」 展

'17/01/18 〜 01/30

desing & art ränbu 

<てしごと編 第三弾>

ボ タ ン シ ー ト の ひ と こ と カ ー ド

手芸の好きな方なら、よくご存知のボタンシート

私はボタンはもちろんのこと、このシートもたまらなくすきなアイテムです

ツメサキの世界の初期の作品を、今回の個展にあわせてリニューアルしました

余白をたくさんとっていますので、メッセージを書き込んでお使いください

 

エンボス調の風合い豊かな紙に、ひとつひとつボタンを縫いつけています

ボタンは海外のものや、昭和のレトロなもの、さまざまです

台紙もさまざまなので、ひとつとしておなじものはありません

 

こちらはボタンを指輪にみたてたもの

 

こんなシールをつけてお届けしました

たとえばハンドメイドの布小物の贈り物に添えて

たとえば手芸好きのお友達にちいさなちいさなプレゼントとして…

お手にとってくださった方がどんなふうに使ってくださるのか、

わたし自身がいちばんわくわくしているのかもしれません

 

 

復 刻 版 「 私 の レ タ ー セ ッ ト 」

イ ン ク と ペ ン / ス ノ ー ド ー ム の 夜
便箋:9 封筒:3 手彫りはんこ入り

 

ご好評いただいている「私のレターセット」の復刻版。

前回の個展の際、制作した「インクとペン」(のこりわずかです)にあわせて、

「スノードームの夜」もつくってみました。

おまけで、ひとつ、ツメサキの世界オリジナルの手彫りはんこが入っています

(手彫りはんこは、アソートになります)

 

どちらも手彫りはんこを使って作ったレターセットです

 

お便りを書いた相手の方と素敵なご縁が続きますように

そんな願いをこめて、ひとつひとつ赤い糸で結んでお届けしています

 

 

+ イ ン ク と ペ ン +

便箋:2Lサイズ

 




+ ス ノ ー ド ー ム の 夜 +
便箋 : A5サイズ

 

 

 



icura ×ツメサキの世界
おうちのカードホルダー

 

愛知県在住の木工作家icuraさんとのコラボ作品

今回は春を待つ気持ち気持ちをこめて桜の木を使って、

手のひらサイズのおうちをつくってもらいました

そこにツメサキの世界が手彫りのはんこを捺して制作しています

おうちの大きさもひとつずつ違いますし、

はんこもおうちのかたちにあわせて、ひとつひとつ捺していますので

すべて1点きりの作品となります

お気に入りのおうちを見つけていただけたらうれしいです

 

 

 

カード立てとしてだけでなく、オブジェやペーパーウェイトとしても使っていただけます

 

 

屋根のちょっと不思議な切り込みはicuraさんの素敵な工夫で

手作業で絶妙な切り込みを入れることで紙が落ちないようにされているそうです

(ほんとうに逆さまにしても落ちません!)

冬の机にぴったりの一品です

 

並べておいてもかわいいですよハート

 

 

今回の制作風景

たまたま写真に写っていませんが、きつねだけでなく、猫バージョンなどもあります

 

icuraさんのHPはコチラ

 

   

 

 

作品紹介、<第三弾>でした。

あと1回だけ<てしごと編>、お送りします。

(今回長くってすみません)