今日は予告どおり、
新美南吉童話企画展「夏のおはなし 創作展
お届けしたものを、少しご紹介させてください。


夏のおはなし.jpg


■ 新 美 南 吉 夏 の 童 話 手 彫 り は ん こ ■
20 × 20弌‖飜 : チーク

今回の「夏の創作展」のテーマ、
「ちいさい太郎のかなしみ」「デンデンムシ」「花のき村と盗人たち」「赤いろうそく」など、
南吉さんの夏の童話に登場するものたちを
ゴム板で彫って2つずつちいさな竹の籠におさめました






いろいろな図案を彫りましたが、ここではチラリとご紹介
詳しくは、ぜひ創作展でご覧ください


たとえばこれは「牛」と「椿の木」のセット
展示即売なのでお気に入りがみつかれば、その場でお求めいただけます
すべて1点ものです
2つセットということで、いつもより少しだけお求めやすい価格にしてみました
創作展のお土産にもどうぞ


くるりと白い帯を巻いたら、
なんだか和菓子のようになりました

どの童話のはんこなのか、考えながら楽しんで頂けたらうれしいです


■ 新 美 南 吉 詩 の 標 本 ■
10 × 10  台木 : 白木
ちいさな貝殻入り

理科の時間を思い出させるような
蓋付きのちいさなガラスシャーレのなかに綿を敷いて
貝殻と、その貝をみながら彫った、手彫りはんこを
ピンセットで詰めました




シャーレの透明感が涼しげな作品になりました


ひらいたところ。
貝殻がひとつひとつ違うので、こちらのはんこもすべて1点ものです
ガラスシャーレが繊細なつくりなので、
なかを覗くときはそっとひらいて頂けるとありがたいです

どうして「詩の標本」というタイトルをつけたのかというと…




シャーレの底に新美南吉さんの詩をそっと潜ませているからなのです
(写真はシャーレを裏側にしたところ)

「貝殻を やゝに動かし 波ひきぬ」

貝と波に、心を託した南吉さんの静かな詩を感じて頂けたらうれしいです



ギャラリーには鏡をご用意してありますので
シャーレの裏側をそっと映してご覧ください
(詩はすべておなじです)


■ 新 美 南 吉 童 話「 デ ン デ ン ム シ 」ち い さ な 蔵 書 瓶 ■

南吉さんの「デンデンムシ」のおはなしに
ちいさな手彫りはんこの挿絵を添えてくるくる巻いて、小瓶につめました




いっしょに入っているのはアジサイのドライフラワーです
薬品を一切使わず乾燥させているので
時の流れとともに色も変化します
その経過も楽しんで頂けたらうれしいです


とりだしてみたところ
おはなしの巻紙には、懐かしい藁半紙を
結び紐には、太さの不揃いなインド紐を使用しています


おはなしの紙
当時のままのカタカナ表記にしました


前回制作したマッチ箱のなかのおはなしよりは短いですが、
ひろげるとこんなに長い巻物です



そのほかにも数点お届けいたしました
どれも手のひらにのるちいさなものばかりです

作家さんの大作をご覧になったあと
どうぞ、おまけの気分でご覧くださいませ