先日の予告どおり、今日はranbu企画展「小瓶の中に詰めたもの 」

お届けしたちいさなものたちを紹介させてください。

今回の企画展は、すべて手作業の作品で挑みました。

 

遠方でお出かけできない方も、

ちょこっとだけ、ツメサキの小瓶の中の世界を楽しんでいただけたらうれしいです。

 

   

 

r a n b u 企 画 展 「 小 瓶 の 中 に 詰 め た も の 」

 

NEW

■ しあわせをはぐぐむボトルレター

 

ちいさなちいさな瓶の中には、ハートの模様のついた風船葛の種が2粒、

そしてちいさく巻いた便箋が入っています

風船葛は「あなたと共に」という素敵な花言葉があります

あなたとともにしあわせをはぐくめますように・・・

とってもちいさいけれど便箋は文字が書き込めるようになっています

大切な方にそっとプレゼントしてもらえたらうれしいです

 

大きさはこれくらいです

 

実際にはこんなふうに風船葛の育て方を簡単に書いたメモを結びつけてお届けしています

 

 

ボトルをあけて中をだしてみたところ

 

ちいさく巻いた便箋をひらいたところ

便箋はちいさな丸カンでとじています

 

「しあわせの種をあげる」

 

しあわせの種があなたの大切な方のもとで芽を出し、

葉を伸ばし、きれいな花を咲かせますように

 

 

 

NEW

■ 渚のボトルレター

 

星の砂、珊瑚の砂、林檎貝、懐貝、猿頬貝、

そしてユーカリのドライを詰め込んで、

いつかどこかの海辺のお土産屋さんで見かけたことがあるような、

渚をモチーフにしたボトルレターをつくりました

ちいさく巻いた便箋は、ひとことメッセージが書き込めます

 

 

蓋をあけて覗いたところ

 

中身を出して並べてみました

ラベルには入っている貝のなまえを書きました

 

 

 

中に入っている便箋はこんな感じ

海辺に似合う爽やかな色にしてみました
 

メッセージを書き込んで大切な方へ、いつかの海での思い出を綴って窓辺に置いて・・・

などなど、いろいろな楽しんでもらえたらうれしいです

 

 

NEW

■ 時間を閉じ込めたネックレス

 

ツメサキの世界、ひさしぶりのアクセサリーです

ずっと戸棚のなかであたためていたミニチュアの砂時計を、瓶の中に閉じ込めてネックレスをつくりました

チェーンタイプとナチュラルな紐タイプとご用意いたしました

チェーンタイプにはガラスの飾りを、紐タイプには時計のチャームをあしらいました

お好みでどうぞ

 

チ ェ ー ン タ イ プ

 

こんなふうにタグをつけてお届けしています

金色のチェーンはアジャスターつき

 

 

大きさはこれくらい

すごく小さいでしょう??

並んでいていてもかわいいのです

チェーンタイプのほうはガラスの飾りがキラリと光ります

 

ぜひこれからの季節、涼しげな胸元につけて、

お出かけに連れていってくださいね

 

コ ッ ト ン 紐 タ イ プ

こちらはお肌にもやさしいコットン紐のタイプ

紐の長さは調節できるようになっています

 

 

紐タイプのほうには金古美の時計のチャームをアクセントでつけています

 

 

素敵な思い出の時間を砂時計の中にとじこめて

いつでもお守りみたいに持ち歩けたらいいなと思ってつくりました

 


■ 新 美 南 吉 詩 の 標 本
 

こちらは新美南吉企画展「夏のお話創作展」に出展して、

ご好評いただいたものを再現してみました
 理科の時間を思い出させるような
 蓋付きのちいさなガラスシャーレのなかに綿を敷いて
 貝殻と、その貝をみながら彫った、手彫りはんこを詰めています

綿の下には南吉の残した貝の詩を潜ませています

 

ひとつずつ、わら半紙で帯を巻いています

 

あけたところ

これからの季節のお便りのワンポイントにいかがですか?

 

シャーレを裏がしたところ
「貝殻を やゝに動かし 波ひきぬ」
 貝と波に心を託した南吉さんの静かな詩を、感じていただけたらうれしいです

 

                           NEW                            

窓辺に飾る

サンキャッチャーのような

■ 渚のオーナメント

 

星の砂や、林檎貝、懐貝、巻いた紙を閉じ込めて、

浜辺のボトルレターをイメージしたオーナメントをつくりました

夏の窓辺にいかがでしょうか

私の撮影の修行が足りなくてなかなか実物のように写真が撮れませんでした

力不足ですみません・・・

 

 

ガラスドームの中には貝殻と一緒に巻いたレターを閉じ込めています

 

なんとか全体像を撮ってみたのですが・・・

わかりづらい・・・

透明のテグスを使っています

 

ガラスドームが光に透けて窓辺に飾るときれいです

フックに引っ掛けるためのわっかの部分には白いシフォンのリボンを結びました

 

世界にひとつ、を作りたくて、途中の挟んだビーズたちはそれぞれみな違います

お好きな雰囲気のものをお選びくださいね

ベネチアンガラスやスワロフスキーのガラスビーズをたくさん使っていますので、

キラキラ光を反射してくれると思います

 

いろんな表情をお伝えしようと(うまく撮れないので・・・)

いろいろな素材の上で写真を撮ってみました

 

光の中での様子をお伝えしたくて屋外で写真を撮ってみましたが、

大変デリケートな作品のため、室内でのご使用をおすすめいたします

お取り扱いに十分ご注意ください

 

  

 

いかがでしたか?

すこしだけでも小瓶のなかのちいさな世界を感じてもらえたのならうれしいです

企画展も後半に差しかかりました。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。