まだまだ蒸し暑い日もありますが、

秋風とともに、童話作家新美南吉のふるさと半田市(愛知)に

今年も「ごんの秋まつり」の季節がやってきました。

(そしてツメサキの世界のふるさとでもあります・・・)

 

半田は山車のまちとしても有名で、

春には「ごんの秋まつり」よりも歴史が深く、賑わいをみせるお祭りも執り行われています。

(↑活気溢れる賑やかなお祭りがお好きな方におすすめです)

でも、私はちょっと落ち着いたで文学の香りもする「ごん秋まつり」のがすき。

たぶん、秋という季節が好きだからというのも大きいと思います。

おまつりの名前もかわいいでしょ?

「ごんの秋まつり」のイベントなどはこちらで詳しくご覧いただけます →

 

最近は、よく雑誌やテレビなどでも紹介されることも多く、

ご存知の方もたくさんおられるかと思いますが

南吉さんのふるさと半田市の矢勝川沿いには、

この季節、1.5kmにわたり、300万本の彼岸花が咲き誇ります。

 

昨年もお話ししましたが、

この「ごんぎつね」の舞台にもなったと言われる、矢勝川の彼岸花、

実は自然発生ではないというのはご存知でしょうか。

半田生まれの小栗大三さんという方が、戦争が終わって故郷に戻ると、

子供時代に遊んだ川は見る影もなく雑草が覆い茂り、郷里が荒れ果てているさまを見て

たったひとりで、一粒の球根から植苗を始めたのがはじまりなのだそうです。

小栗さんは「昔の故郷の原風景への思い」と、「戦争で亡くなった友への鎮魂の想い」を込めて、

川沿いに彼岸花の球根を植えていきました。

(この小栗さんが子供時代に矢勝川で水遊びをしたなかに、幼き日の新美南吉もいたと伝えられています)

やがてその思いに共感した地元のボランティアの方々の手により、今では彼岸花の名所になったということです。

 

今年は日本のあちこちで大きな災害があり、

ふるさとの景色が様変わりしてしまったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

なにげない日常という幸せがあってこその美しい故郷です。

半田の矢勝川に毎年彼岸花が咲くというのは、決してあたりまえのことではないと、

あらためて思う年になりました。

 

感謝の気持ちもこめて、矢勝川からすぐの場所にある新美南吉記念館併設の「cafe&shop ごんの贈り物」に、

ツメサキの世界からも新美南吉童話グッズのささやかな新作をお届けする予定です。(本当にささやかです)

ぜひ、矢勝川の彼岸花をご覧になったあとには

新美南吉記念館と「cafe&shop ごんの贈り物」にお立ち寄りいただけたらうれしいです。

ツメサキの世界もグッズを揃えてお待ちしております。

 

またお届けしたものについては次回、紹介させてくださいね。

 

(一昨年前の彼岸花の様子です 今年の彼岸花の開花状況はこちらでご覧いただけます →

 

 

≪ event data ≫

ごんの秋まつり

2018/09/20 〜 10/04

場所 : 新美南吉記念館及び周辺