今日からスタートいたしました。
ranbuさんの「注文の多い文具展」にお届けしたものをちょこちょこ紹介させていただこうと思います。
今日は<手彫りはんこ編>です。

ツメサキの世界は、はっきり言って、線も彫り跡もいびつです。

不器用ゆえ、ぴったりおなじはんこは2度と彫れませんし、

細かい図案も彫れません。(最近目が悪くなってきたので、ますます彫れません…)

お世辞にもきれいなはんことは言えないし、超絶技巧もないんです。

なので、真心(だけはしっかり)込めて彫った、

いびつなツメサキの世界のはんこが気に入ってくださった方の、

世界にたったひとつのはんことして、かわいがってもらえたらうれしいです。


店頭でご覧になりたい方はここでブラウザを閉じてくださいね◎

    
 

01/09(水)-28(月)

注 文 の 多 い 文 具 展

手彫りはんこ
ノーライフ猫シリーズ 文具バージョン

以前、リュケリさんのネコ雑貨展の時にお届けしてご好評いただいた
印材屋さんの持ち手のはんこの大きめのものを作ってみました
さすが、本物のハンコ屋さんの持ち手!とても持ちやすく、安定しています。
ぜひ、オリジナルのあなたのしるしとして、手帳やお手紙のアクセントなどにお使いください。

 




印面、印影はこんな感じ


大きさはこのくらいです
つややかな持ち手が、文具好きの心をくすぐります

 

 

古い鍬を台木に使った

白 ウ サ ギ の 手 彫 り は ん こ

ヴィンテージの白ウサギに赤いレース糸のリボンでおめかしをして

ジオラマ用の芝生を敷き詰めました

台木には、古い鍬(くわ)の柄を使っています

ほかのはんこより少し持ちにくいかと思いますが、

飾って楽しいはんこに仕上がりました

台木をしっかり持って捺してくださいね

一見はんこにみえません

使い込まれた鍬の柄のつやつやした触り心地がお気に入りです

ヴィンテージのフィギュアは私が好きで集めていたもの

首に赤いコットンレース糸を結んでいます

大きさはこれくらい

裏側にゴム板の手彫りはんこがついています

 

 

手彫りはんこ

木 の も の が た り

北海道の白樺の木を台木に手彫りのゴム板はんこを貼って世界にたったひとつのはんこを作りました

ひとつひとつのはんこには、それぞれタイトルがあり、木の物語が詰まっています

印面はこんなかんじ

飾ってもたのしいはんこを目指しました

 

手彫りはんこ

猫 と 言 葉 の 手 彫 り は ん こ

50ミリ×50ミリ

台木:チーク(陶器の持ち手つき)

新年明けたばかりですし、

猫と、おめでたい言葉やうれしい言葉を添えたはんこもお届けいたしました

 

 

手彫りはんこ

ボ タ ン・カ ボ シ ョ ン は ん こ

久しぶりにボタンやカボションでおめかししたはんこもお届けいたしました

図案はお店でご覧くださいね

 

次回は<スタンプ編>をお届けいたします。

ご覧いただきありがとうございます。