新美南吉童話 箱の中のちいさなミュージアム 出展中


ツメサキノート、お久しぶりになってしまいました。
ときどき覗いてくださった方、ありがとうございます。ごめんなさい。

暑いのが苦手なもので、ようやく、ようやく秋めいてきた気がします。
(まだ、暑いと感じてしまうという筋金入りの暑がりです)

そんな暑さ真っ盛りの8月より、
いつもお世話になっているギャラリー蔵のまち」さん(2階)にて開催されております、
新美南吉童話
「箱の中のちいさなミュージアム」展に参加させてもらっています。
今まで絵画が多かった、新美南吉童話の創作展でしたが、
(ツメサキはそんななかでもコモノ担当させてもらっていましたが…)
 今回は、作家さんごとに南吉童話の世界を箱の中に閉じ込めて展示するという
ちょっとおもしろい展示会となっております。
とてもとてもお知らせが遅くなってしまい申し訳ございません。


画像お借りいたしました

現在も開催中ですので、お近くの方は、ぜひお出かけくださいませ
展示会は10月末まで。(延長の予定もあるようです)

< 参加作家 >
ワキタヨシコ / icura筒井則之 / 平野美帆 / 山本正子
濱比嘉詩子 / 菅野由貴子 / 井上文香 / ツメサキの世界

ツメサキの世界がお届けしたものたちを一部紹介させてください

■ 「 お じ い さ ん の ラ ン プ 」 を 読 む キ ツ ネ ■
石膏粘土 てのひらサイズ

石膏粘土を捏ねて、ひさしぶりにちいさな立体物をつくりました
もしかしたら、粘土作品は、子年の招き白ネズミ以来かもしれません
色はアクリル絵の具と色鉛筆でつけています
座っている切り株は古い鋤の持ち手を利用しています

おかげさまで残りわずかだそうです


みんな熱心に読んでます


シッポの向きはさまざま
切り株から取り外せますが、それぞれの切り株にしか座れません
赤いエジプトレース紐できゅっと首元を結んでいます


一匹ずつ手作りですので
微妙に表情が違います
このコは食い入るように本を読んでいますね


ちなみにきつねが持っている「おじいさんのランプ」の本は
私が表紙と挿絵を担当させていただいた「ちいさな贈り物Books」のミニチュアバージョン
本物と比べると、これくらい


ちゃんと内側も印刷しました


■ 「 お じ い さ ん の ラ ン プ 」紙 製 栞 ■
土漉紙 インクジェット

「ちいさな贈り物Books」の挿絵に使ったはんこを使って
紙の栞をつくりました
土漉紙という少しざらりとした手触りの厚めの紙を使用しています
裏側にメッセージを書いてプレゼントにつけていただいても・・・






まるでひとつづつ手捺ししたような風合いが出ました

そのほか、ちいさな原画や、こまごましたものをお届けいたしました。
お出かけの方は、ぜひお手にとってご覧下さいませ。

ギャラリー 蔵のまちさんがご紹介してくださいました。→

展示風景






≪ event data ≫

新美南吉童話
箱 の 中 の ち い さ な ミ ュ ー ジ ア ム

date : 8月〜10月31日(木)予定 期間中無休
open : 09:00〜16:00
場所:ギャラリー蔵のまち 2F
    半田市中村町1−40
    国指定有形文化財小栗家住宅内
tel.:0569-32-3264



「新美南吉の青春」展(長野県 池田町 北アルプス展望美術館) ’13/09/21 〜11/24

新美南吉童話関連のイベントのお知らせです。

明日9月21日(土)より、長野県北安曇郡池田町にあります、
北アルプス展望美術館にて「新美南吉の青春」展 が開催されます。(11月24日まで)


クリックで大きな画像がご覧いただけます

北アルプス展望美術館は、
正面に北アルプス連峰と安曇野の広大なパノラマを一望できる丘のうえにあります。
「息をのむほど美しい」といわれる日本有数の景観のなかで、
新美南吉が青春を過ごした東京外語時代を中心に、
南吉の直筆原稿、日記、手紙、遺品などが展示されます。
新美南吉記念館学芸員による講演や、寸劇朗読など、
特別イベントも多く企画されているようです。

とてもとても不思議な偶然なのですが、
つい先日、ツメサキスタッフが安曇野に出かける機会がありまして、
北アルプス展望美術館にも立ち寄ってきてくれました。
少し雲が残念だったものの、それでもすばらしい景観と、
美しい美術館に大感激で帰ってきました。(↓そのときの写真です)




そちらの展示会に、
ツメサキ生まれの新美南吉童話グッズも数多く連れて行っていただいております。

+ お送りししたもの +






■ 新 美 南 吉 童 話「 南 吉 さ ん の 星」ク リ ア フ ァ イ ル
● 日本製 ●
A5サイズ


おなじデザインのポストカードもあります




■ 新 美 南 吉 童 話  一 筆 箋
● 日本製 ●
和紙 30枚綴り
( 約18 × 8 )



■ 新 美 南 吉 童 話 ス タ ン プ(ゴム製)

各種







■ 新 美 南 吉 童 話 「 手 ぶ く ろ を 買 い に 」 ス ト ラ ッ プ
きつねの背の高さ(耳を含めて) : 2.6cm.


■ 新 美 南 吉 童 話  は ん こ の ひ と こ と 箋
各種
約9僉潴5.5
1セット : 12枚入り 




■「 ご ん の ふ る さ と 」てぬぐい




■ 新 美 南 吉 童 話 紙 製 栞
2枚セット
きつねと彼岸花 / おじいさんのランプ
紐 : サテンのリボン (いろいろな色があります)





■ 新 美 南 吉 童 話「 手 ぶ く ろ を 買 い に 」

● 日本製 ●
約15僉10.5





そのほか、ポストカードも各種お送りいたしました。
こうしてあらためて見ると、新美南吉童話のグッズたちを
本当にたくさん作らせて頂いてきたんだな…と、しみじみ思います。
ちいさなものばかりではありますが、
作るまえに、何度も作品や参考資料を読み返して制作しているので、
以前より、より深く、南吉さんの童話の世界を知ることができたように思います。
こんなありがたい機会をいただけて、ほんとうに幸せです。

普段は新美南吉記念館でのみの販売となっている商品もございます。
企画展、ご鑑賞後にお手にとっていただければ幸いです。


《 event deta 》

生誕百年記念 
「新美南吉の青春」展
期間 : 2013年9月21日(土)〜11月24日(日)
北アルプス展望美術館
長野県北安曇郡池田町大字会染7782
Open : 午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
Close : 月曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
Tel. : 0261-62-6600
大人800円、高大生500円、中学生以下無料

OSYAJI 「ごんの全国100ヶ所めぐり」('13/06/21 〜 06/30)




イベントのお知らせです。

茨城県笠間市、
日本の3大稲荷のひとつとされる笠間稲荷神社のほど近くにあります、
OSYAJIさんにて、明日21日より、
新美南吉「ごんの全国100ヶ所めぐり」のイベントが予定されています。(6/30まで)
南吉さんに関する資料やパネルのほか、
ツメサキの世界が制作した新美南吉童話グッズが並びます。
なかには普段は新美南吉記念館でないと手に入りにくいグッズたちもございます*


大人気の「ちいさなごんの贈り物Books」もお届けしました(全5種)
(ツメサキの世界は「おじいさんのランプ」を担当いたしました)

笠間稲荷神社にも由緒正しきキツネさんがいると思うのですが、
ぜひこの機会に、南吉童話のキツネたちにも親しんでいただけたらと思います。

「僕があそびにいくよ」

お近くの皆さま、
また、笠間稲荷神社にお出かけの皆さま、、
どうぞお立ち寄りくださいませ。


《Event Data 》

新美南吉「ごんの全国100ヶ所めぐり」
date : 2013/06/21 〜 06/30
OSYAJI
茨城県笠間市笠間1180
tel : 090-4963-8173
open・closeにつきましては、
ブログをご参考にお電話などでご確認の上お出かけくださいませ

三洋堂書店 新美南吉ブックカバーのイラストを担当しました

 

少し見にくい写真ですみません

文学が好きな方に、南吉生誕100年、また、南吉のふるさと半田をPRするための
文庫本用のPRブックカバーのイラストとデザインを担当させていただきました

色味はこちらのほうが実際のものに近いです



本にかけるとこんな感じ


イラストはインクのつけペンで描きました
太くなったり、細くなったり・・・いびつな線と文字をお楽しみください


本屋さんに行って本を買うと、
店員さんが「ブックカバーはどうされますか?」と聞いてくれる、あのブックカバーです!
本が好き(読書が好きというほどは本を読まないので、本という存在が好きなのだと思います)な、
私にとって、夢のようです。

名古屋市に本社のある三洋堂書店さんの、
愛知県内直営店全28店舗で(フランチャイズ店除く)、
文庫本をお買い上げいただいた方に配布されます。
(無くなり次第、終了です)

南吉文学とふるさと半田市のPRをしつつ、
でも宣伝だけに終始することなく、
ブックカバーをかけてもらった人が視線を落として
単純にちょっとうれしくなるような、少しレトロなブックカバーを目指してみました。

この期間限定の非売品です。
愛知県にお住まいの皆さん、
この機会に三洋堂さんで以前から読みたかったあの一冊を購入して
(普段は「カバーはいりません」派の方も、今回は)、
「カバーをかけてください」と、ぜひ一言お願いします。

南吉さん生誕百年のHPもできていました!
どうぞご覧くださいませ




「ごんの100ヶ所めぐり」のブログ、facebookのヘッダーを担当しました


「ごんの100ヶ所めぐり」のブログとfacebookのヘッダーのイラストを
担当させてもらいました。
水彩絵の具と色鉛筆で描きました。



←旅するごんぎつね

「ごんの100ヶ所めぐり」とは、タイトルどおり、
新美南吉生誕100年を記念して、
ごんぎつねのイベントを全国100ヶ所で行おう!という企画です。

「ごんの100ヶ所めぐり」ブログ

「ごんの100ヶ所めぐり」facebook

現在もごんが旅する先を募集中だそうです。
興味のある
ギャラリーさま、ショップさま、ぜひお問い合わせくださいませ。



ごんが今、旅に出かけている先は…



三洋堂書店さんの半田店、乙川店。
「新美南吉生誕100年フェア」開催中です。
ツメサキ生まれの南吉童話グッズも販売されています。
ほかの店舗さんでも、予定されているそうです。

今年はいよいよ新美南吉生誕100年の年。
新年の5日に新美南吉記念館もリニューアルオープンいたしました。
(リニューアルオープンの様子をチラリ →
旅するごん企画と、新しくなった南吉記念館、あわせてよろしくお願い致します。

《 shop data 》
三洋堂書店
半田店 愛知県半田市宮本町6丁目202番地11
乙川店 愛知県半田市乙川内山町31番地  



「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」 展(JR名古屋タカシマヤ)

新美南吉関連のイベントのお知らせです。

本日26日より新年1月7日まで、JR名古屋タカシマヤ 10階 特設会場にて
「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」 展が開催されています。


クリックで少し大きな画像がご覧いただけます

新美南吉直筆資料をはじめ、
童話集の初版本や遺品など貴重な資料を多数公開。
さらに、棟方志功をはじめ総勢12名の画家による挿絵の原画や映像も展示、
新美南吉とごんぎつねの世界を多角的にお楽しみいただけます。
こちらの展示会のお土産として、
ツメサキの世界生まれの新美南吉童話のポストカードやスタンプなど、
ちいさなものも並べて頂いているようです。
年末年始でお忙しい季節かと思いますが、
とても貴重な品がご覧いただける展示会ですので、
名古屋にお出かけのご予定のある皆さま、
ぜひお立ち寄りくださいませ。

《 event data 》
「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」 展
data:12月26日(水)→平成25年1月7日(月)
JR名古屋タカシマヤ 10階 特設会場
open : 午前10時〜午後7時30分(閉場:午後8時)
           ※最終日は午後4時30分まで(閉場:午後5時)
           ※12月31日(月)は午後5時30分まで(閉場:午後6時)
           ※平成25年1月1日(火・祝)は休業日
入場料:一般500円(400円)、大学・高校生300円(200円)、中学生以下無料


2日限定「 旧安昌堂製茶園 南吉ショップ」('12/10/05,06)

 
=====

お問い合わせ頂いているお客さま、ショップさまへ
多忙のため、少しメールのお返事遅くなっております。
お待たせして申し訳ございません

=====

だんだん全国的にも有名になってきているようです。
(海外からのお客さまも多いとか…)

いよいよ明日・明後日はお祭り好きの方が待ちに待った、
5年に一度の
はんだ山車まつりです
お出かけを予定されている方も多いのではないでしょうか。

ギャラリー 蔵のまち で行われている
新美南吉童話企画展秋のおはなし 創作展
は、お祭りの混雑が予想されるためお休みですが、
(グッズなどは購入できるそうです)
かわりに旧安昌堂製茶園さんで、
2日間限定の「南吉ショップ」がOpenします。


画像をお借りしてきたので、ご覧ください。
2日間だけなんてもったいない素敵なショップです。
山車まつりのお越しのお客さま、ぜひこちらにも足を運んでくださいね。





お茶屋さんと南吉さんのグッズってなんだかしっくりきますね
今回初登場のお土産たちもならぶそうです



ツメサキうまれのこぎつねも
大きなパネルになって活躍しています



《 event data 》
10月5日、6日
第七回半田山車まつり アクセス

・旧安昌堂製茶園 南吉ショップ
 愛知県半田市御幸町20 map
 10:00 〜 17:00
安昌堂製安昌堂製茶園昌堂製茶園茶園

ツメサキの世界 ツイッターはじめました


 index.png


北海道立文学館「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」展(’12/09/08 〜10/21)


もうひとつ新美南吉童話関連のイベントのお知らせです。


クリックで少し大きな画像がご覧いただけます

実はもう始まっています。
お知らせが遅れてすみません。
北海道立文学館にて、
「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」展 が開催されております。
期間は’12年09月08日(土)から、10月21日(日)まで。
南吉さん生誕100年が、間近に迫り、
ごんぎつねも、日本各地をまわっています。
北海道では、キタキツネとあいさつしているかしら。
北海道立文化館では、南吉さんに関連する多くのイベントも予定されているようです。こちら

ツメサキの世界生まれの南吉童話グッズも
一緒にお供させて頂いております。
はじめての北海道。
北海道の皆さん、愛知の子ぎつねもどうぞよろしくお願い致します。


 
 
 


《 event data 》

北海道立文学館

h-bungaku.or.jp/index.html

新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界

札幌市中央区中島公園1番4号 アクセス
date :
09月08日(土)〜 10月21日(日)
open :
AM 9:00〜17:00
close : 月曜日(ただし、9/17・10/8は開館 9/18・10/9は休館)


ツメサキの世界 ツイッターはじめました


 index.png



メルヘンハウス「ごんからの贈り物展 −新美南吉を描いた作家たち−」('12/09/01 - 09/30)



続々とイベントのお知らせです。


「てぶくろを買いに」
絵 :
絵本作家 菅野由貴子さん
(菅野さんの手がけた他の絵本はこちらでご覧いただけます→



愛知県千種区にありますメルヘンハウスさんで、
「ごんからの贈り物展 −新美南吉を描いた作家たち−」
9月1日より正式にスタートいたします。
(展示は本日より始まっているそうです)

メルヘンハウスさんは、1973年、
日本で初めて誕生した子どもの本専門店です。
選びぬかれた絵本や童話を常時30000冊が揃う、
子供の本専門店の草分け的存在の書店です。
そちらの2階ギャラリーにて、
8名の作家による、新美南吉童話を描いた原画や絵本が並びます。
ツメサキの世界も一枚の原画と、南吉童話グッズをお届けさせていただきました。

期間中に会場でグッズをお買い求めいただいた方には、
半田市にある新美南吉記念館の無料招待状をプレゼントされます。
こちらの記念館の無料招待状のデザインと文字、
実はツメサキの世界が担当させていただいたのですが、
まだツメサキノートでご紹介できていません。
かわいい葉っぱの形をした、ちょっと珍しい招待状になりました。
ぜひ、招待状を手に、南吉さんとごんのふるさとに遊びにきてくださいね。

いろいろお知らせが遅くなっていて申し訳ございません。

《 event data 》

子どもの本専門店 メルヘンハウス

名古屋市千種区今池2-3-14 map

Facebook : https://www.facebook.com/meruhenhouse

date : 9月1日(土)〜9月30日(日)
open :
AM10:00〜PM7:00
close : 水曜日


ツメサキの世界 ツイッターはじめました


 index.png

「新美南吉とツメサキの世界」展にお届けしたものたち

 
今日から木糸土全店Hare no hi全店にて、
「新美南吉とツメサキの世界」の展示が行われます。

簡単ではありますが、お届けした商品の一部を少し紹介させてください。





■ 新 美 南 吉 童 話 こ ぎ つ ね ス タ ン プ ■
5種
仕様の詳細はコチラ




4点セットもお届けしました


■ 新 美 南 吉 童 話  一 筆 箋 ■
3種
仕様の詳細はコチラ






■ 新 美 南 吉 童 話 ポ ス ト カ ー ド ■
各種

いろいろお届けいたしました



■ 新 美 南 吉 童 話 ミ ニ メ ッ セ ー ジ カ ー ド ■
お じ い さ ん の ラ ン プ / 南 吉 さ ん の 星




■ 「 眠 る ご ん ぎ つ ね 」 レ タ ー セ ッ ト ■

ずっと完売でご迷惑をおかけしておりましたが、
このたび増刷いたしました

 


■ 新 美 南 吉 童 話  は ん こ の ひ と こ と 箋 ■

6種
仕様の詳細はコチラ





■ 「 ご ん の ふ る さ と 」 手 ぬ ぐ い ■

仕様の詳細はコチラ




new
■「 お じ い さ ん の ラ ン プ 」 ご ん の 贈 り 物 B o o k s ■

うれしい新商品です
こちらについてはまたあらためてご紹介させてくださいね





***
ほかにもいろいろお届けしました。
ぜひ、お手にとってご覧下さいませ。