OSYAJI 「ごんの全国100ヶ所めぐり」('13/06/21 〜 06/30)




イベントのお知らせです。

茨城県笠間市、
日本の3大稲荷のひとつとされる笠間稲荷神社のほど近くにあります、
OSYAJIさんにて、明日21日より、
新美南吉「ごんの全国100ヶ所めぐり」のイベントが予定されています。(6/30まで)
南吉さんに関する資料やパネルのほか、
ツメサキの世界が制作した新美南吉童話グッズが並びます。
なかには普段は新美南吉記念館でないと手に入りにくいグッズたちもございます*


大人気の「ちいさなごんの贈り物Books」もお届けしました(全5種)
(ツメサキの世界は「おじいさんのランプ」を担当いたしました)

笠間稲荷神社にも由緒正しきキツネさんがいると思うのですが、
ぜひこの機会に、南吉童話のキツネたちにも親しんでいただけたらと思います。

「僕があそびにいくよ」

お近くの皆さま、
また、笠間稲荷神社にお出かけの皆さま、、
どうぞお立ち寄りくださいませ。


《Event Data 》

新美南吉「ごんの全国100ヶ所めぐり」
date : 2013/06/21 〜 06/30
OSYAJI
茨城県笠間市笠間1180
tel : 090-4963-8173
open・closeにつきましては、
ブログをご参考にお電話などでご確認の上お出かけくださいませ

三洋堂書店 新美南吉ブックカバーのイラストを担当しました

 

少し見にくい写真ですみません

文学が好きな方に、南吉生誕100年、また、南吉のふるさと半田をPRするための
文庫本用のPRブックカバーのイラストとデザインを担当させていただきました

色味はこちらのほうが実際のものに近いです



本にかけるとこんな感じ


イラストはインクのつけペンで描きました
太くなったり、細くなったり・・・いびつな線と文字をお楽しみください


本屋さんに行って本を買うと、
店員さんが「ブックカバーはどうされますか?」と聞いてくれる、あのブックカバーです!
本が好き(読書が好きというほどは本を読まないので、本という存在が好きなのだと思います)な、
私にとって、夢のようです。

名古屋市に本社のある三洋堂書店さんの、
愛知県内直営店全28店舗で(フランチャイズ店除く)、
文庫本をお買い上げいただいた方に配布されます。
(無くなり次第、終了です)

南吉文学とふるさと半田市のPRをしつつ、
でも宣伝だけに終始することなく、
ブックカバーをかけてもらった人が視線を落として
単純にちょっとうれしくなるような、少しレトロなブックカバーを目指してみました。

この期間限定の非売品です。
愛知県にお住まいの皆さん、
この機会に三洋堂さんで以前から読みたかったあの一冊を購入して
(普段は「カバーはいりません」派の方も、今回は)、
「カバーをかけてください」と、ぜひ一言お願いします。

南吉さん生誕百年のHPもできていました!
どうぞご覧くださいませ




「ごんの100ヶ所めぐり」のブログ、facebookのヘッダーを担当しました


「ごんの100ヶ所めぐり」のブログとfacebookのヘッダーのイラストを
担当させてもらいました。
水彩絵の具と色鉛筆で描きました。



←旅するごんぎつね

「ごんの100ヶ所めぐり」とは、タイトルどおり、
新美南吉生誕100年を記念して、
ごんぎつねのイベントを全国100ヶ所で行おう!という企画です。

「ごんの100ヶ所めぐり」ブログ

「ごんの100ヶ所めぐり」facebook

現在もごんが旅する先を募集中だそうです。
興味のある
ギャラリーさま、ショップさま、ぜひお問い合わせくださいませ。



ごんが今、旅に出かけている先は…



三洋堂書店さんの半田店、乙川店。
「新美南吉生誕100年フェア」開催中です。
ツメサキ生まれの南吉童話グッズも販売されています。
ほかの店舗さんでも、予定されているそうです。

今年はいよいよ新美南吉生誕100年の年。
新年の5日に新美南吉記念館もリニューアルオープンいたしました。
(リニューアルオープンの様子をチラリ →
旅するごん企画と、新しくなった南吉記念館、あわせてよろしくお願い致します。

《 shop data 》
三洋堂書店
半田店 愛知県半田市宮本町6丁目202番地11
乙川店 愛知県半田市乙川内山町31番地  



「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」 展(JR名古屋タカシマヤ)

新美南吉関連のイベントのお知らせです。

本日26日より新年1月7日まで、JR名古屋タカシマヤ 10階 特設会場にて
「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」 展が開催されています。


クリックで少し大きな画像がご覧いただけます

新美南吉直筆資料をはじめ、
童話集の初版本や遺品など貴重な資料を多数公開。
さらに、棟方志功をはじめ総勢12名の画家による挿絵の原画や映像も展示、
新美南吉とごんぎつねの世界を多角的にお楽しみいただけます。
こちらの展示会のお土産として、
ツメサキの世界生まれの新美南吉童話のポストカードやスタンプなど、
ちいさなものも並べて頂いているようです。
年末年始でお忙しい季節かと思いますが、
とても貴重な品がご覧いただける展示会ですので、
名古屋にお出かけのご予定のある皆さま、
ぜひお立ち寄りくださいませ。

《 event data 》
「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」 展
data:12月26日(水)→平成25年1月7日(月)
JR名古屋タカシマヤ 10階 特設会場
open : 午前10時〜午後7時30分(閉場:午後8時)
           ※最終日は午後4時30分まで(閉場:午後5時)
           ※12月31日(月)は午後5時30分まで(閉場:午後6時)
           ※平成25年1月1日(火・祝)は休業日
入場料:一般500円(400円)、大学・高校生300円(200円)、中学生以下無料


2日限定「 旧安昌堂製茶園 南吉ショップ」('12/10/05,06)

 
=====

お問い合わせ頂いているお客さま、ショップさまへ
多忙のため、少しメールのお返事遅くなっております。
お待たせして申し訳ございません

=====

だんだん全国的にも有名になってきているようです。
(海外からのお客さまも多いとか…)

いよいよ明日・明後日はお祭り好きの方が待ちに待った、
5年に一度の
はんだ山車まつりです
お出かけを予定されている方も多いのではないでしょうか。

ギャラリー 蔵のまち で行われている
新美南吉童話企画展秋のおはなし 創作展
は、お祭りの混雑が予想されるためお休みですが、
(グッズなどは購入できるそうです)
かわりに旧安昌堂製茶園さんで、
2日間限定の「南吉ショップ」がOpenします。


画像をお借りしてきたので、ご覧ください。
2日間だけなんてもったいない素敵なショップです。
山車まつりのお越しのお客さま、ぜひこちらにも足を運んでくださいね。





お茶屋さんと南吉さんのグッズってなんだかしっくりきますね
今回初登場のお土産たちもならぶそうです



ツメサキうまれのこぎつねも
大きなパネルになって活躍しています



《 event data 》
10月5日、6日
第七回半田山車まつり アクセス

・旧安昌堂製茶園 南吉ショップ
 愛知県半田市御幸町20 map
 10:00 〜 17:00
安昌堂製安昌堂製茶園昌堂製茶園茶園

ツメサキの世界 ツイッターはじめました


 index.png


北海道立文学館「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」展(’12/09/08 〜10/21)


もうひとつ新美南吉童話関連のイベントのお知らせです。


クリックで少し大きな画像がご覧いただけます

実はもう始まっています。
お知らせが遅れてすみません。
北海道立文学館にて、
「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界」展 が開催されております。
期間は’12年09月08日(土)から、10月21日(日)まで。
南吉さん生誕100年が、間近に迫り、
ごんぎつねも、日本各地をまわっています。
北海道では、キタキツネとあいさつしているかしら。
北海道立文化館では、南吉さんに関連する多くのイベントも予定されているようです。こちら

ツメサキの世界生まれの南吉童話グッズも
一緒にお供させて頂いております。
はじめての北海道。
北海道の皆さん、愛知の子ぎつねもどうぞよろしくお願い致します。


 
 
 


《 event data 》

北海道立文学館

h-bungaku.or.jp/index.html

新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界

札幌市中央区中島公園1番4号 アクセス
date :
09月08日(土)〜 10月21日(日)
open :
AM 9:00〜17:00
close : 月曜日(ただし、9/17・10/8は開館 9/18・10/9は休館)


ツメサキの世界 ツイッターはじめました


 index.png



メルヘンハウス「ごんからの贈り物展 −新美南吉を描いた作家たち−」('12/09/01 - 09/30)



続々とイベントのお知らせです。


「てぶくろを買いに」
絵 :
絵本作家 菅野由貴子さん
(菅野さんの手がけた他の絵本はこちらでご覧いただけます→



愛知県千種区にありますメルヘンハウスさんで、
「ごんからの贈り物展 −新美南吉を描いた作家たち−」
9月1日より正式にスタートいたします。
(展示は本日より始まっているそうです)

メルヘンハウスさんは、1973年、
日本で初めて誕生した子どもの本専門店です。
選びぬかれた絵本や童話を常時30000冊が揃う、
子供の本専門店の草分け的存在の書店です。
そちらの2階ギャラリーにて、
8名の作家による、新美南吉童話を描いた原画や絵本が並びます。
ツメサキの世界も一枚の原画と、南吉童話グッズをお届けさせていただきました。

期間中に会場でグッズをお買い求めいただいた方には、
半田市にある新美南吉記念館の無料招待状をプレゼントされます。
こちらの記念館の無料招待状のデザインと文字、
実はツメサキの世界が担当させていただいたのですが、
まだツメサキノートでご紹介できていません。
かわいい葉っぱの形をした、ちょっと珍しい招待状になりました。
ぜひ、招待状を手に、南吉さんとごんのふるさとに遊びにきてくださいね。

いろいろお知らせが遅くなっていて申し訳ございません。

《 event data 》

子どもの本専門店 メルヘンハウス

名古屋市千種区今池2-3-14 map

Facebook : https://www.facebook.com/meruhenhouse

date : 9月1日(土)〜9月30日(日)
open :
AM10:00〜PM7:00
close : 水曜日


ツメサキの世界 ツイッターはじめました


 index.png

「新美南吉とツメサキの世界」展にお届けしたものたち

 
今日から木糸土全店Hare no hi全店にて、
「新美南吉とツメサキの世界」の展示が行われます。

簡単ではありますが、お届けした商品の一部を少し紹介させてください。





■ 新 美 南 吉 童 話 こ ぎ つ ね ス タ ン プ ■
5種
仕様の詳細はコチラ




4点セットもお届けしました


■ 新 美 南 吉 童 話  一 筆 箋 ■
3種
仕様の詳細はコチラ






■ 新 美 南 吉 童 話 ポ ス ト カ ー ド ■
各種

いろいろお届けいたしました



■ 新 美 南 吉 童 話 ミ ニ メ ッ セ ー ジ カ ー ド ■
お じ い さ ん の ラ ン プ / 南 吉 さ ん の 星




■ 「 眠 る ご ん ぎ つ ね 」 レ タ ー セ ッ ト ■

ずっと完売でご迷惑をおかけしておりましたが、
このたび増刷いたしました

 


■ 新 美 南 吉 童 話  は ん こ の ひ と こ と 箋 ■

6種
仕様の詳細はコチラ





■ 「 ご ん の ふ る さ と 」 手 ぬ ぐ い ■

仕様の詳細はコチラ




new
■「 お じ い さ ん の ラ ン プ 」 ご ん の 贈 り 物 B o o k s ■

うれしい新商品です
こちらについてはまたあらためてご紹介させてくださいね





***
ほかにもいろいろお届けしました。
ぜひ、お手にとってご覧下さいませ。


新美南吉童話「手ぶくろを買いに」一筆箋できました

 
新作のお知らせです。

半田市観光協会「ごんの贈り物」さんと共同制作で、
新美南吉童話「手ぶくろを買いに ほんとうに人間はいいものかしら」一筆箋を作りました。

この一筆箋の「ほんとうに人間はいいものかしら」というタイトルですが、
作中の最後の、
人間に親切にしてもらってよろこぶ子ぎつねに、
母ぎつねが、くりかえして呟くセリフから頂きました。
私は、この作品に小学生の教科書で初めて出会ったのですが、
幼心にも、このセリフにドキリとしたことをずっと忘れられずにいました。
山を切り崩されて住処を追われ、
時には毛皮のために鉄砲を向けられる、
森の動物からみた人間というものは、いったいどんなものだろうかと、
母ぎつねのセリフは、そのまま南吉さんから人々への声のように思われたのです。
ときに、動物でなくとも、
人として、「ほんとうに人間はいいものかしら」と自問自答してしまうこともあり、
この母ぎつねの言葉は、ずっと消えることのない人間への問いかけにも感じます。




新 美 南 吉 童 話
手 ぶ く ろ を 買 い に
「 ほ ん と う に 人 間 は い い も の か し ら 」一 筆 箋

30枚綴り
( 約18 × 8 )


親子ぎつねが街の灯りを眺めています


題字も書かせてもらいました


今回は手彫りはんこを使わず、水彩絵の具とクレパスで原画を描きました


表紙裏には新美南吉さんと、「手ぶくろを買いに」の簡単な解説つき


内側は縦書き用
和紙を使用しています


文字が主役になるよう
擦り硝子越しのようなデザインにしてもらいました


こちらも現在、新美南吉記念館 ギャラリー蔵のまちなどで、
南吉童話のお土産品として販売されています。

こちらはツメサキの世界より、通信販売でもお届けできます。


通信販売いたします!+++
[ ツメサキノート 通信販売 ]
一冊 ¥ 420
ご希望の方は

====================
■ おなまえ
■ 郵便番号
■ 住所
■ ご希望の番号 または タイトル と 数
■ 同梱ご希望のものがあればその内容
   (例:てぬぐい、ポストカードなど)
現在お届けできるほかの商品たちは
コチラ→ 
======================

を、お書き添えの上、
コチラにお便りくださいませ。
メール.jpg 
封筒をクリックでフォームが開きます
◆特定商取引法に基づく表記◆

とくに ご希望のない場合は郵便にてお届けいたします。

おいくつのご注文でも
送料は一律100円とさせていただきます。
(ほかのお届け方法がご希望の方はご相談ください)

ツメサキでは<先払い>をお願いしております。
詳しくは折り返しご連絡いたします。

商品はデジタルカメラで撮影しております。
パソコン実物と色味等がわずかに異なることがございます。
あらかじめご了承の上、ご注文ください。




new 「ごんの青い空」 一筆レターセット

 
新美南吉記念館に11日に納品した(すっかり遅くなりましたが)
南吉童話グッズを紹介させてください。

新商品
■ 「 ご ん  の  青 い 空 」  一 筆 レ タ ー セ ッ ト ■ 
魚籠(びく) / 彼岸花
封筒:1 + 一筆便箋:2
記念館を訪れた大人の方のためのお土産があったらいいなとずっと思っていました
私が制作させていただいたポストカードたちは
どちらかというと小さいお子さま向けのような気がしていたので
きつね色の封筒と便箋で、少し大人っぽい一筆レターセットを作ってみました


久しぶりに大判のゴム版を彫りました
ごんが兵十の家を眺めています
大人らしさにこだわって、こちらは一枚一枚手捺しで制作しています
擦れや削り残しがつくのも手捺しならでは


中の便箋は2種類つくりました
こちらは <魚籠(びく)>
物語のなかで、
兵十が病気のお母さんのために川でとった鰻を入れていたのが「魚籠」です



そしてこちらが、南吉のふるさとに咲く <彼岸花>

葉書よりも少し多めにお便りを書きたい方、贈りものなどに添える時などに
使っていただけたらうれしいです
さて、このきつね色の一筆レターセットが
どうして「 ごん の 青い空 」というタイトルかと言うと
・・・
それは封筒を開いたときにわかります


ほら
こんなところにきれいな青空が隠れています
お手紙をもらった方も、はっとしてくれたらうれしいな
とくにこんな梅雨の季節には、きれいな青空が待ち遠しいですね

+

ほかにも
■  南 吉 童 話  ひ と こ と 箋
全 6種 1セット10枚入り





■  南 吉 童 話  ア ク リ ル キ ー ホ ル ダ ー ■




■  南 吉 童 話  紙 製  栞 ■
2枚入り
<ごんぎつね / おじいさんのランプ>






■ オ リ ジ ナ ル 手 ぬ ぐ い  「 ご ん の ふ る さ と 」  ■




ほか、ポストカード、手彫りはんこ数点など
あれこれ こまごまお届けいたしました。

お近くを通った時は、お立ち寄りいただけたらうれしいです。