運河サミットin半田





いつもお知らせがギリギリで申し訳ございません。
2月25日、半田市 市制70周年記念事業として
運河サミットin半田(愛知県景観シンポジウム)
開催されます。

同時にCLACITY
3階にて、観光物産展が開催され、
運河を持つ小樽市、日南市、半田市の名物産を販売されます。
(物産展は2月23日〜25日です)

その際に、新美南吉公式お土産も販売されます。
ツメサキ生まれのお土産も並びます。
ツメサキの世界では、これを記念して
新たに「ごんのひとこと箋」を制作させていただきました。
そちらもご覧になれるかと思います。
ちいさなちいさなひとこと箋ですが、
ぜひお手にとっていただければと思います。


「ごんのひとこと箋」10枚入り



■とき  平成20年2月25日(月)午後2時〜5時
■場所  半田市福祉文化会館大ホール  
■入場者数  定員1,300名 入場無料
■講演内容 「美しい運河のあるまち/日本三大運河の提唱]
      「運河の景観を活かしたまちづくり」
               パネルディスカッション
■観光物産展  会場 クラシティ半田3階
        2月23日(土)〜25日(月)開催
        時間 午前9時〜午後7時
■問合わせ  半田市役所都市計画課 
       TEL(0569)21−3111







JUGEMテーマ:アート・デザイン


『ギャラリー元浜』でのお取り扱い




ギャラリー元浜さまでのお取り扱いは終了いたしました
ありがとうございました


お知らせです。

岐阜市元浜町にある「ギャラリー元浜」
ツメサキの世界のポストカード、手ぬぐいを
展示、販売していただけることになりました。

「ギャラリー元浜」さんは、
長良川にほど近い、築120年の古い町家を改築した
作家の作品を展示・販売するギャラリーです。
陶器やガラスの器など、
作品は日常生活で使用頻度の高い器が中心だそうです。

ツメサキの世界の
初期の作品から最近制作したものまで、
多様にお取り扱いいただいております。

趣があって、私も大好きな町屋のギャラリーに
ささやかな作品たちを置かせていただけることを
とてもうれしく思います。

お近くの方、またお近くへ旅行された方は、
ぜひ、お立ち寄りください。



motohama.gif

岐阜県岐阜市元浜町29番地
TEL:058-263-1227
9:00〜17:00 無休 駐車場あり












JUGEMテーマ:アート・デザイン


<重要>メールについてのお知らせ


いつも見ていてくださる皆さま、
ほんとうにありがとうございます。

最近、ツメサキのインフォーシークのメールが
こちらからお送りしたものが届いていなかったり、
逆に、お客様からのメールがこちらに届いていなかったり、
そんなことがたまにあるようです。

最近メールをくださった方で、
待っているけど返事がこないワ!
という方、もしいらっしゃましたら、
お手数をおかけいたしますが、
こちら
miko97jp*ybb.ne.jp(「*」を@に変えて)
に、メールの再送をお願いいたします。

のんびりなのでお手紙いただいてから、
お返事が遅れることはありますが、
どんなに遅くとも一週間以内には返信させていただいてます。
(たいていは3日以内にお返しするようにしております。)

インフォシーク、あまり調子が悪いようでしたら、
ツメサキ用のあたらしいメールアドレスをつくります。
でも、できるなら、
今までたくさんの方にご利用いただき、
お知らせしてきたこのアドレスが使えたらいいな。

しばらく様子をみたいと思います。
お急ぎでない方は
一度今までどおりフォームよりご連絡ください。
私も一度目は
インフォシークで返信させていただいております。
それで届いていないような場合は
もう一度別のアドレスより返信いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解とご協力、よろしくお願いいたします。





JUGEMテーマ:アート・デザイン


Ham mock.に納品いたしました(20.2.1)



納品のお知らせです。

滋賀県の「雑貨ショップHam mock」さんに、
いくつか作品たちを納品いたしました。

はんこは「くらしはんこ」や「角砂糖はんこ」など、
ちいさくてシンプルなものたちを。
他にポストカードやレターセットなど、
紙モノを数点お届けいたしました。

とてもきれいに写真を撮ってくださったので
ぜひHam.mockさんのブログでご覧ください。→


Ham.mock
hammock_ki.gif
OPEN 10:30→18:00
CLOSE 日・火曜日
〒520-0803               
滋賀県大津市竜が丘13−17 2F









JUGEMテーマ:アート・デザイン

ごんグッズ 新聞に掲載されました



1月5日朝日新聞に掲載されました。


1月31日中日新聞に掲載されました。

新美南吉童話グッズ、ごんグッズ、
ほんの少しずつですが広がっています。
南吉のちょっとさみしくて、とてもあたたかな物語たちが、
もっともっとたくさんの方に知っていただけたら、
読んでいただけたら
そんなうれしいことはありません。





JUGEMテーマ:アート・デザイン

「ごんぎつねのふせん」できました。

寒い日が続きます。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。



お知らせです。

新美南吉童話のお土産に新商品が仲間入りしました。
「ごんぎつねのふせん(50枚綴り)」です。
持ち歩いても、剥がれてこないよう紙のカバーをつけて
赤い紐でくるくるっと巻くようにしました。
カバーのお色は薄桃色ときつね色です。
付箋部分は印刷で
カバーの赤いお花は手捺しでしあげました。

完売いたしました
ありがとうございました






紙が大好きなので、
紙を使ってなにかをつくるということは
とても楽しいです。
手触りや匂い、色など、
あれこれ考えながら作ります。

地球の大切な資源を使って
作品を作らせてもらっているということを
いつも忘れないよう、感謝しながら作っていこうと思います。
そして大きなことはできなくても、
自分が使わせてもらった紙たちのぶん、
ありがとうと、おれいができるようになりたいです。


できあがり



南吉童話のおみやげは
新美南吉記念館をはじめ、CLACITYなどで
お買い求めいただけます。

半田の街の昔の風情を残す紺屋海道にある
米市商店さんでも南吉童話のおみやげのお取り扱いがスタートいたします。
米市商店さんでは、
素材にとことんこだわり
おいしいお煎餅を丁寧に一枚一枚焼いています。
ぜひお近くをお通りの際は、お立ち寄りくださいませ。

明治八年創業 米市商店
 http://ittusyou.co.jp/index.html


メールをいただければ、
ツメサキ生まれの南吉グッズ
全国どこへでもお届けいたします。
(在庫があるかぎり)





JUGEMテーマ:アート・デザイン

『Lykkelig−リュケリー』でのお取り扱い



お知らせです。

ツメサキの世界の作品・雑貨を
取り扱ってくださるお店が増えました。

石川県金沢市にある音楽と雑貨のお店
『Lykkelig−リュケリー』さんです。

リュケリさんは、
私のパソコンの「お気に入りフォルダ」の中に
以前から入っていて、ときどき眺めては
行ってみたいな…と、思っていたお店なので
声をかけていただいたときは、とてもうれしかったです。
ほかの作家さん方も、あこがれの方ばかり。

リュケリさんには、
・マッチつきマッチ箱レター
・赤い糸のメッセージケース
・オリジナル手ぬぐい「夜を駈ける猫」
・ポストカード
などを置かせていただいております。

とてもきれいに写真をとってくださったので
ぜひそちらをご覧ください。

リュケリさんはウエブショップにて
通信販売もされております。
選び抜かれた音楽や本たち、
誰かにお手紙を書きたくなるレターセット、
海外の切手や郵政グッズなども購入できます。

ほんとうにオススメです。


top-rogo2.gif

Lykkelig−リュケリー

石川県金沢市小立野1丁目6-22
TEL&FAX:076-262-4511
open-AM11:00 closed-PM8:00 定休日:水曜日
http://www.lykkelig.jp/




JUGEMテーマ:アート・デザイン

新年のごあいさつ と メールの返信について




新年のごあいさつが遅くなってしまいました。

あけましておめでとうございます。

実は年末にもきちんとごあいさつできたらと
思っていたのですが
時間ばかりが、まさに駆け足ですぎてゆき、
気づけば新しい年がきていました。

思えば、
昨年はずっとそんな毎日だったような気がします。
まいにちが駆け足で
バタバタと音をたてて過ぎてゆき、
季節を感じたり、ゆっくりお手紙を書いたり、
そういういちばん大好きなことが
なかなかできずに過ごしてしまいました。

今年も
ツメサキは新しいことに
すこしずつ挑戦していく予定です。
でもそんななかで、
大切なことを見失わないよう、
きちんと足元も、前もみて
ゆっくり進んでいけたらと思っております。

いつもツメサキノートを
ご覧くださっている皆さま、
ほんとうにありがとうございます。

ちいさなちいさな世界ですが、
今年も見守ってもらえたらうれしいです。



また、
制作や仕事の都合で、
メールのお返事が遅くなることがございます。
きちんとおひとりおひとりと
丁寧にやりとりできたらと思っておりますので
お待たせすることもあるかと思いますが、
どうぞ気長に待っていてもらえるとうれしいです。

(でも、10日以上過ぎても、返信なしという場合は
メールが届いていない場合がございます。
あらためてご確認の上、
メールが届いていないようだ!という場合は
こちらにコメント欄を残しておきますので
そちらにお知らせいただけると助かります。
連絡が取れ次第、コメントは削除いたします。)

ツメサキカタログ
ささやかに更新いたしました。
どうぞご覧くださいませ。

ツメサキカタログ.jpg




JUGEMテーマ:アート・デザイン

「赤いろうそく」について



お気に入りの赤いろうそくをひとつひとつ蝋紙で巻いて、
シールを作ってツメサキ仕上げにしています。
あたたかく繊細なハンドメイドキャンドルや、
シンプルでこっくりした色の
大好きな蝋蜜キャンドルには敵いませんが、
赤いろうそくは、なんとなく特別な感じがします。

完売いたしました ありがとうございます






JUGEMテーマ:アート・デザイン

銀革屋さんのHPに載せていただきました

お知らせです。
と言っても、今日のお知らせは
私にとって、うれしい知らせです。

「銀革屋」さんが隅々まできちんと作られたかっこいいHPに、
「ツメサキの世界」のコーナーを作ってくださいました。
こちら→

銀革屋さんは、写真もお上手で
ツメサキの作品もとてもきれいに、
すごく大きく掲載してくださいました。
(恥ずかしいくらい大きいです。)


写真をちいさくして、お借りしてきました。
「銀ネズミ」です。
私、接写でこんなふうに上手に取れないのです。
すぐぼけてしまって。
これはカメラのせいじゃなくて、きっと腕の違いのせい…。

*

正直にお話します。

私、途中で革モノから遠のいていたときがありました。
それまで、革でできたものは
丈夫で長持ちして、大好きだったのです。
でも、革製品というのは動物から作られるものだと思うと、
めったには使えない気がしてきたのです。

でも銀革屋さんの作品に対する愛情や誠実さを見ていると、
感謝して使うこと、大切に使うことを忘れない、
そのことのほうがうんと大事に思えてきました。
つくり手である銀革屋さんがいちばんそういう気持ちを持って
革と接しているように思いました。
すごく革を大切にされているんです。


これからも、じっくり時間をかけて、
銀革屋さんとのコラボ作品ができたらと思っております。
ゆっくり楽しみにお待ちいただけたらと思います。




銀革屋
http://ginkawaya.com/index.html


image20111.gif