ツメサキカタログ その2(2018.1 更新)

21 ◆ 一 筆 箋

● 日本製 ●
和紙 30枚綴り
 約18 × 8

<タテガキ3種>




<ヨコガキ>


25 ◆ ご ん の 贈 り 物 B o o k s「 お じ い さ ん の ラ ン プ 」
在庫あり
くわしくは
こちら



22 ◆ 活 版 印 刷 ち ょ こ っ と き ち ん と カ ー ド
● 日本製 ●
封筒 : 洋形2号(162×114) カード : 105X150
くわしい仕様はこちら



23 ◆ 新 美 南 吉 童 話 こ ぎ つ ね ミ ニ タ オ ル
ありがとうございます
完売いたしました




27 ◆ 新 美 南 吉 童 話 こ ぎ つ ね キ ー ホ ル ダ ー
完売いたしました
くわしくは
こちら



24 ◆ 手 編 み の 赤 い て ぶ く ろ ス ト ラ ッ プ
サイズ : 女の人の小指が入るか入らないかのおおきさ
新美南吉童話「手ぶくろを買いに」の手編みの赤い手ぶくろストラップ、

ひとつひとつ手編みで仕上げていますので、
たくさんお届けできないという意味で、希少な作品となっています


一年中使えるよう、毛糸でなくレース糸で編んでいます

チリチリとちいさな鈴が鳴ります

大きさの比較のため、赤鉛筆と並べてみました

  

 

25 ◆ 手 編 み 封 筒 ち い さ な お 手 紙 ス ト ラ ッ プ

封筒の大きさ:35mm×20mm 金具:金古美

エジプトレース糸使用(コットン100%)

キナリ / オフホワイト

ひとつ ¥1500

(受注制作)

ひとつひとつ手編みでつくっています

封筒のかたちをしたストラップをどうしてもつくりたくて

あれこれ編み方を工夫して、このかたちになりました

 

 

 

中には2枚ちいさなちいさな便箋が入ってます

いつも持ち歩いて、そっと見直したい言葉を書いていただいたり、

ひみつのお手紙を書いて、ちいさな贈り物にしていただけたらうれしいです

相手はいつ気づいてくれるかな?…お手紙入れたことをあえて黙っているのも楽しそう…

こんなふうに、グラシン紙の袋に入れてお届けいたします

うっすら透けて見える封筒がきれいです

26 ◆ て の ひ ら う さ ぎ 時 計  全2種
ありがとうございます 完売いたしました
くわしくはコチラ
27 ◆ オ リ ジ ナ ル 扇 子
完売いたしました
くわしくはコチラ



扇子袋もつくりました
完売いたしました
くわしくはコチラ

 
***


そのほかのちいさな作品たちは
こちらでごゆっくりごらんください→
材料が揃えば、
おなじもの、おなじようなものをおつくりすることもできます
お気に入りがみつかりましたら、お問い合わせくださいませ

◆ How to order ◆

 ◆How to order◆

以下をメールにご記入の上、お送りくださいませ。
遅くとも5日以内にお返事メールをお届けいたします。

= ご注文内容 =

・ 商品名
・ 数量
(またはオーダーしたいはんこのサイズと内容)

= お届け先 =

・ お名前
・ ご住所(郵便番号からお願い致します)
・ お電話番号(携帯電話可)


= 発送方法 =

定形外郵便
ゆうパック
ヤマト宅急便
ヤマトメール便のなかからお選びください。

= お支払い方法 =

恐れ入りますが、
銀行振り込みの前払いにてお願いしております。
銀行は、楽天銀行と、三菱東京UFJがございます。
(口座はメールにてご連絡いたします)

わからないことがあれば、
なんでもお気軽にお問い合わせくださいね


メール.jpg
封筒をクリックでメールフォームが開きます


はじめまして


はじめまして。
遊びに来てくださって、ありがとうございます。
はじめましてじゃない方も、
遊びにきてくれてありがとうございます。

「ツメサキの世界」という屋号で、
ハンコや紙雑貨など、
カタチや素材にこだわらず、
ちいさなものを作っている石川みほと申します。
できあがったちいさな作品や雑貨屋さんは、
ギャラリーやアトリエ、
雑貨屋さんなどで、少しずつ取り扱っていただいております。
ここでは、ホームページができるまでのあいだ、
「ツメサキの世界」からのお知らせや、
作品、商品の紹介をしていきたいと思っています。


ちいさい人間なので、大きなものは作れません。
でも、そのちいさな世界に広がるささやかで愛おしいものを
大切にしていきたいです。

それが丁寧に暮らすこと、
誰かをだいじにすることに繋がっていくとおもうから。



もしも、ノートの中で
お気に入りがみつかりましたら
お気軽にメールください。
今でも、制作できるものでしたら、
お作りして、お届けいたします。

また、お仕事、委託、卸等のご相談も
随時お受けしております。
よろしくお願いいたします。


記録


ツメサキの世界は、はじめはちいさな日記のタイトルでした。
このような活動になったのには、いろいろ不思議な経緯がありますが、
2004年にブランドを立ち上げました。
お知らせのツメサキノートは2007年から始まっています。
自分でもすぐ忘れてしまうので、ここに書き記しておきます。